慢性痛のABC

お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しております、理学療法士の唐沢彰太です。日本において、痛みは社会問題で二人に一人が何らかの痛みを抱えているとされています。リハビリテーションにおいても、痛みを持つ患者さんには高頻度で出会い、痛みに適切に対応出来ることが非常に重要です。そこで今回は、慢性痛に関する簡単な説明と、介入の進め方について書いていきたいと思います。(本内容は、サロンで行っているセミナーの内容を要約したものです!) 痛みとは情動的体験である 国際疼痛学会によれば、

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン