筋力ってリハビリではどうすれば良いの?

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?です。

人が動くためには、関節が動かなければなりません。
その関節が動くためには、筋肉が収縮する必要があります。
筋収縮のパワーを筋力といいますが、筋力を決定する要素には様々なものがあります。

今回は、その筋力がどのように決定され、どう向上していけば良いのかを臨床にそくした形で書いていきたいと思います!

筋力を決める要素

~ミクロからマクロまで~

筋は、神経によって活動します。
この神経は大きく分けて2つあります。

  1. 脳から脊髄についている運動神経
  2. 脊髄から筋についている神経

です。
これらが正確に働くことで、目的に合った運動を行うことが出来ます。

これらの筋収縮に関わる神経ですが、発火様式(神経の活動方法)によって筋出力を決定しています。

詳細は専門書(生理学)を参考にして頂きたいですが、この発火様式は3つあり、

  1. リクルートメント
  2. シンクロナイゼーション
  3. レートコーディング

になります。
発火させる運動単位をコントロールしたり、発火の頻度をコントロールしたりと、様々な方法になっています。

またこれらとは別に、筋出力は目的に応じてコントロールされています。
例えば、食パンを持つときの力とフランスパンを持つときの力では、食パンの方が優しく繊細にもつことが求められます。
つまり、視覚によってこれから何に働きかけるのかを認識することで、力をある程度決定していることになります。

このように、今から行う動作/行為に必要な力は、脳と脊髄のコンビネーションによって決定づけられています。

リハビリでの筋力の考え方

ここまで書いてきた通り、筋力はいろいろな要素で決定されています。
では、リハビリではどのように介入していけば良いのでしょうか?

リハビリにおいては、まず【何のために筋力を向上する必要があるのか】を明確にする必要があります。
「○○骨折だから中殿筋を鍛える」
「立ち上がれるようになるために膝伸筋群を鍛える」
これでは、単純な筋力トレーニングになってしまいます。

  • 筋出力なのか
  • 筋持久力なのか

また、

  • どの動作の時の筋出力なのか
  • どの感覚とセットで訓練しなければならないのか

これらは最低でも明確にし、患者さんと共有しておく必要があります。
この辺の詳細はこちらをご参考ください→脳は体をどう動かしてる?

筋力を鍛えるトレーニングには、正しい動きを学習する目的も含まれます。
ぜひ試してみてください

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!