運動覚ってどうやって評価するの?

お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)です。私が学生だった頃から、評価項目の中に当たり前のように入っていた【深部感覚検査】ですが、その本当の目的と結果の活用方法については教えてもらえませんでした。深部感覚には、運動覚位置覚の2つがあり、特に運動覚は非常に重要な検査結果で、多くの情報を得られる検査です。そこで今回は、深部感覚のうち特に得られる情報量が多い【運動覚】について整理していきたいと思います

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン