運動と感覚と記憶と学習と

お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)です。リハビリを行っていると、患者さんに覚えて欲しいことと出来るようになって欲しいことがあります。例えば、起き上がる時に麻痺側上肢をお腹の上においてから起き上がって欲しいときに、動作手順を覚えてもらうための介入を行います。この時、患者さんは<記憶すれば良いのか?><学習すれば良いのか?>どちらになるのでしょうか?今回はこの記憶と学習を臨床上しっかりと選択する

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン