脳損傷と機能解離-diaschisis-

お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)視床出血や被殻出血、中大脳動脈梗塞など脳血管疾患では損傷する部位が特定されます。基本的には損傷した部位が担う機能が障害を受けますが、実は損傷を受けていない部位の機能も障害を受けているのをご存知ですか?今回は脳血管疾患において重要な知見である、機能解離(機能抑制)-diaschisis-について書いていきたいと思います。 機能解離という脳の不思議 そもそも機

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン