リハビリのオンラインサロンを覗いてみる

プロリハ研究サロンで学べる臨床の基礎を書いていきます!!
長文にはっていますが、辛抱強く読んでください…。
また本ページに書かれている内容で臨床を進めるためには、幅広い知識が必要になります。
その知識をいくつもの勉強会に参加せず、本サロンでたくさん学べます。
裏返せば、様々な疾患や障害をお持ちの方に対応することが出来るということです。
では実際に、どの様な考え方なのか?是非読んでください!!

一人一人の「認知の癖」にあったリハビリ

人は、今まで生きてきた【経験】から培った【記憶】をもとに、様々な認知を行います。

今見ている物は何か?
りんごは食べたらどんな味がするのか?
今食べている肉は美味しいか不味いか?
これらは全て、記憶をもとに今の感覚を脳は認知しています。

この認知は、一人一人異なる記憶と今まさに感じている刺激を比較する事が重要で、一人一人結果が変わってきます。
例えば、味の好き嫌い、タオルの柔らかさの好き嫌いなど、同じものを食べたり触ったりしても、好き嫌いが異なります。
また、「猫」という単語からイメージとして浮かぶ「猫」は黒かったり小さかったりと一人一人異なります。
これらの様に、今まで見てきた、感じてきた経験によって一人一人今の感覚を認知した結果は異なっています。

更に、この認知は思考にも大きな影響を与えていきます。
ネガティブ思考の人、ポジティブ思考の人がいるように、ある出来事に対する意味付けしていく思考は、今までの【経験(=記憶)】によって作られていきます。

これを、私は【認知の癖】と呼んでいます。

この認知の癖を捉えることで臨床は大きく変化し、今まで分からなかったことやみえなかったことが分かるように、またみえるようになってきます。

患者の認知の癖

疾病や疾病の後遺症、怪我など何かしらの問題を抱えている患者は、この認知の癖によって様々な問題が生じます。

  1. 今まで生きてきた経験に基づく、認知の癖
  2. 脳血管疾患や慢性疼痛など、脳や身体に問題が生じたことによりみられる認知の癖

この2つの癖が、混在している状態でリハビリテーションが行われます。
この認知に問題が生じている状態の代表が、高次脳機能障害です。

高次脳機能障害は、様々なことを認知していく過程に問題が生じている状態です。
空間を正確に処理できない半側空間無視、行為に必要な認知することが出来ない失行症などは、注意の運用における問題などが原因で発症前と同じように認知が出来なくなっている状態です。

よって、患者の認知を探っていき、発症後の今の脳で自分の思い通りに、また安全かつ効率的に意図通りに行為を遂行できるように認知できるようにしていく事が高次脳機能障害を有する方の臨床では求められていきます。

その観察方法は、従来の評価や検査だけでは十分ではありません。
新しい視点で観察し、情報を収集していく事が求められます。

セラピストにも【癖】がある

患者に癖があるように、セラピストにも当然癖があります。

  1. 患者を観察した時に、着眼する点
  2. 観察や評価から得られた情報から患者を分析していく思考
  3. 分析内容から訓練を考えていく思考
    などなど

この他にも、その人らしい臨床像というのは存在しています。
セラピストと患者さんについて話していると、「またその話かぁ」と思った事ありませんか?
ですが、話している本人は気付いていません。

この癖に気付かずに臨床を行っていると、改善が難しい患者さんや苦手な患者さんが存在してしまいます。
この状態で新しい知識を入れても、癖によって自分なりの解釈になり結局いつも通りの臨床になってしまいます。

このループを脱するためには、【自分の認知の癖を知った上で知識を得ていく】事が大切です。

自分の強みは何か、いつもどのような思考をしているのかを知ることで、本当に必要な知識や新しい思考が出来るようになります。
その為には、臨床についての学びと同じ志向性を持つ仲間が必要です。

私の臨床の核は、自分に合った学習です。

ぜひ一緒に自分だけの臨床を目指していきましょう!!

オンラインサロンとは

最近よく耳にする「オンラインサロン」ですが、会員にならないとどんなところなのかわからないという人も多いと思います。また、リハビリのオンラインサロンは、キングコングの西野さんが行っている「西野エンタメ研究所」の様な仕事を生む要素よりも、勉強していく要素の方が強いことも特徴です。

本ページでは、現在あるリハビリに関するオンラインサロンのそれぞれを比較しながらオンラインサロンのことを紹介していきたいと思います!!

オンラインサロンってどんなところ?

サロンとは、【客間とか広間】という意味と、【フランスで行われていた社交集会】を指す言葉になります。
実際に集まって行われていた集会を指す、「サロン」を「オンライン」で行う事を「オンラインサロン」と言います。

このオンラインサロンを世の中に認知させたのは、冒頭でもお話しましたキングコングの西野さんの「エンタメ研究所」でしょう。私自身の知るきっかけでもありました。

リハビリ業界以外でのオンラインサロンでは以下の特徴があります。

  1. オンラインサロンの運営者と会員の間でコミュニケーションが取れ、新しい仕事が見つかる
  2. オンラインサロンの会員同士でコミュニケーションが取れ、コラボレーションなどの企画を作れる
  3. 情報の収集と運営者や会員との情報交換

主にこの3つが特徴になっています。全くの別の業種の方や様々な会社の方が参加しているオンラインサロンでは、非常に簡単に、かつ幅広い可能性がある中で協業が出来ることがメリットとなっています。

リハビリのオンラインサロンって?

ここまで紹介しました通り、オンラインサロンは「新しい仕事の発掘場」という意味合いが強いのが印象です。

では、リハビリ業界のオンラインサロンはどんな内容になるのでしょうか?
もちろん、新しい仕事の発掘を行っているオンラインサロンはもちろんあります。
理学療法士の吉田直紀先生が運営されている、「FreePTsalon」が代表的です。
ですが、やはりリハビリにおけるオンラインサロンは「勉強会」の意味合いが強いです。
定額制の勉強会をイメージしてもらえれば良いと思います。
勉強会と違うのは、

  1. リアルタイムに多くの人に相談できる。
  2. 勉強会の内容をいつでも振り替えることが出来る。(動画でアーカイブを作っているサロンの場合)

が挙げられます。
あくまで一般的なところなので、オンラインサロンによってはもっと特徴があるところもあります。
私の運営している「プロリハ研究サロン」では、会員同士や運営者と会員との間で勉強会の講師依頼をしたり、共同執筆を依頼したりなど様々なコンテンツを準備しています。

定額制(サブスクリプション)との違いは?

リハビリ業界でオンラインと言えば、サブスクリプションモデルの勉強会だと思います。
「株式会社gene」さんのリハノメを代表とする定額動画配信サービスです。

このようなサブスクリプションサービスとオンラインサロンとの大きな違いは、
相互方向でのやり取りが可能であり、コンテンツを会員の方から要望を出せることです。
自分が学びたいことをリクエストでき、講義の内容や自分の臨床で悩んでいる事などを、オンラインサロン内の運営者を含めた会員と話すことが出来ます。

この様に、サブスクリプションモデルは一方通行で、使用方法が限られている事に対して、オンラインサロンでは相互方向でのやり取りが可能で自分に合った使い方が出来ることが魅力になります。

また、自分と同じような悩みを持っている人がどれくらいいるのか?
その人たちはその問題とどう向き合っているのか?
これら臨床に限らず、仕事の事など含めて共有・相談できるのもオンラインサロンならではではないでしょうか?

プロリハ研究サロンの魅力

プロリハ研究サロンでは、
<知識などの勉強会はたくさんあるのに臨床そのものの勉強会がなぜ少ないのか?>
という疑問から始まっています。
同時に、私自身共に勉強する【仲間】が居たことで大きく成長できた経験も活かされています。
学ぶ【場】で一緒に学んでいる人の中には、自分のセラピスト人生を変えてくれる人がいるかもしれません。

そんな私が運営するオンラインサロンでは以下の様な内容の勉強会を実施しています。

  1. 臨床力を付ける(観察・分析・訓練まで)
  2. 運動学など基礎学問を新しい視点から提供
  3. 高次脳機能障害を理解しやすく、また新しい介入方法の提供
  4. 痛みを包括的に見ていく為のメソッド
    などなど…

その他にも多くのコンテンツを準備しています。
過去の勉強会はこちら
誰が学んでも損のない、またどこでも聞いたことが無い内容を目指しています。

自分はどんな臨床を作り出していけるのか?
ステップアップに必要な考える力を一緒に作り上げていきませんが?

Scroll to top