理学療法士 唐沢彰太

    Physical Therapist Shota Karasawa 

こちらでは、プロリハ研究サロンを運営しております私、

<唐沢彰太>

について紹介させていただきます。
「どんな人がオンラインサロン運営しているんだろう?」
と思った時にご参考ください。

どんなリハビリをしているのかの参考にこちらもご覧ください。
ブログ一覧(Ameblo記事)

勉強を始めるきっかけは、認知神経リハビリテーション

勉強会の講師として招かれた時に、
「いつから勉強しているんですか?」
と聞かれたことがありました。
私自身、学生の頃は勉強はどちらかと言えば嫌いで、勉強はお世辞でもしているとは言えませんでした。

そんな私が勉強する楽しさに気付いたのは、学生の頃の実習先で【認知神経リハビリテーション】と出会ったことがきっかけでした。
それまで勉強することが好きではなかった私ですが、実習先の理学療法士の方に教えていただいた書籍を読み、どんどん脳の魅力にはまっていきました。
その時に読んでいたのが、森岡先生の【リハビリテーションのための脳・神経科学入門】でした。
実習を終え、無事に就職が決まり回復期病院にて勤務を開始した私は、実習の時の勢いそのまま、1年目から脳に関する本と文献を読み漁りました。

自ずと高次脳機能障害に興味を持ち、脳科学・神経心理学など他の分野の勉強にも熱が入っていきました。

知識を増やしていく楽しさを覚えたのはこの頃ですが、知識を増やしていってもなかなか患者さんの改善につながらないことに徐々に気付き始めます。

臨床2年目には、認知神経リハのベーシックコース、アドバンスコース、イタリアで行われるマスターコースを1年間で無我夢中で受講しました。
内容には全くついていけませんでしたが、1つ強く印象に残っている事があります。それは、
右麻痺患者と左麻痺患者では訓練を変える必要がある。今では当たり前かもしれませんが、2年目だった私にとって非常にセンセーショナルでした。
また、私がいろいろと呼んだ脳に関する本の中には、認知神経リハの宮本先生の本もありました。
その宮本先生が講師をされていたベーシックコースに参加するために高知まで行ったのがもう10年前…懐かしいです。
そして、このベーシックコースでの宮本先生との出会いが私のセラピスト人生を大きく前進させてくれました。
いわゆる恩師の先生です。

3年目には、神奈川のベーシックコースでの実技指導の補助
4年目には、アドバンスコースのセクションでの発表とディスカッションの経験
5年目以降では、ベーシックコースや学術集会での実技講師
そして、6年目には本の執筆

2年目に思い切って動いたことで私のセラピスト人生は毎年大きく変化していく事になりました。
同時に、職場での勉強会の開催など一緒に勉強した仲間の存在は、転職した今でもとても大切なものになっています。
私にとって認知神経リハはあくまできっかけでした。
職場での仲間との勉強会や臨床の中で、自分だけの臨床を作り上げていくことが大切だと思っています。
当てはめる臨床ではなく、患者さんに最適の臨床を目指しています。
これらの経験から…
多くの人に出会い、共に切磋琢磨してきたことが、このオンラインサロンの開設に繋がっています。
どんなことしてきたのかよりも、どんな人と出会ってきたのかが財産だと思っています。

臨床では「悩む」のではなく、「考える」!!

認知神経リハをきっかけにいろいろと勉強してきた私は、リハビリテーションそのものが様々な学問から成り立っていることに興味を持ちました。
その中でも、

  1. 脳科学
  2. 神経心理学
  3. 運動学

の3つの学問は、私の臨床の核を担っています。
これらの学問を基礎に、臨床では【悩む】のではなく、自分なりの結論を導くこと、つまり考える】ことが大切だと思っています。
臨床の中で、考えて導き出された結果(仮説)をもとにして、介入(検証)していく作業が臨床には必要です。
もちろんここには確かな知見に基づいたエビデンスが必要なことは言うまでもありません。

その他にも臨床では、
疾患を観るのではなく、疾患を有する「人」として観察し理解していく。
そして、その「人」に対して訓練を行っていく。
これらが非常に重要になってくると考えています。
 <脳梗塞だから>
 <骨折だから>
これらはあくまで情報の1つであり、リハビリは患者さんや利用者さんと一緒に行っていくものです。

また、患者さんの個性を重んじるのと同時に、セラピストの個性を重んじることも非常に大切です。
自分に合った臨床の考え方は、セラピストごとで異なっており、効率良く学んでいく為には一人一人に合った方法が必要です。
つまり、どの手技や理論が優れているという視点ではなく、その人に合ったものはどれなのかは、患者さんだけではなくセラピストにもあるのです。

最新の知見、治療手技などの勉強会はあるのに、臨床そのものを学ぶ勉強会がないことが新人の頃から疑問でした。
その臨床を学ぶ場を提供することが「プロリハ研究サロン」の大きな目的です。
勉強会で得た知識や技術を臨床に持ち込むのはセラピスト任せ・・・
もし持ち込むのが苦手なセラピストが居たら勉強なんて嫌になってしまいます。
ならば、臨床への持ち込み方、もっと言えば臨床思考そのものの勉強があれば多くの人の役に立てるのでは?と考えています。

知識が多い人はたくさんいます。技術が素晴らしい人もたくさんいます。
私は、臨床力に優れたセラピストを目指しています。

Scroll to top