運動・動作・行為を使い分ける!!

お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しております、理学療法士の唐沢彰太です。
リハビリテーションの専門家として言葉を正しく理解して使用することはとても大切です。臨床の中ではもちろん、多職種での連携が大切なリハビリではその面においても重要です。その中でも、【運動・動作・行為の3つは、似ている言葉ですが、実は全く意味が違うんです。
これら3つを意識的に使い分けることで、頭が整理されて、リハビリがスムーズになったり、他職種の方への説明がしやすくなったりなど、良いことばかりですので、ぜひご参考ください。

運動・動作・行為

初めに、3つの言葉それぞれに触れていきたいと思います。今回の言葉の意味合いは、リハビリの臨床で頭を整理しやすくする目的で、少し解釈をアレンジしています。

1,運動
<力が作用することで物体が動くこと>

人でいうと、関節を動かすことからランニングまで、幅広く【運動】ということが多いです。『運動しましょう』のような使われ方です。ではリハビリの臨床の中ではどういう使い方が良いでしょうか?動作や行為と分けるために、『肘を曲げる』のような【重心の移動を伴わない動き】を運動と理解すると、分かりやすいと思います。
リハビリでは、この運動の獲得をゴールにすることはまずありません。「肘を動かせることが最終目標です」なんてことはありませんよね?
行為の観察・評価・分析をして、「どの運動に問題があるのか?」を考える時に、【運動】を使用します。例えば、立ち上がりの獲得を目標にした場合、『膝関節の【伸展の運動】に問題がある』と、使います。

2,動作
<2つ以上の関節が協調して運動することで、重心移動が生じること>

重心移動と同時に、支持基底面(身体を支持する外部環境と接している面積)の変化が生じます。動き始めてから止まるまで>を動作としていて、起き上がり動作、立ち上がり動作のように使います。
また行為との使い分けとして、動作自体には目的を含まないことに注意してください
具体的には、何のために起き上がったのか?起き上がって何をしたいのか?などの目的は含まずに、【起き上がりという身体的な動き】を動作と指しています。こう考えることで、動作分析の時に、意図や目的など、難しいことを取り除いて考えることができます。
よって、リハビリの臨床では、日常生活の起き上がりは、起き上がり動作を目的とせず<目的を達成するための起き上がり(行為)を獲得する>思考が大切になります。

3,行為
<目的や意図を持って遂行される、複数の運動や動作が組み合わさったもの>

行為はしっかりとした意図や目的があって、身体運動に加えて、注意機能やバランス能力などが働いています。
リハビリでは、この行為の獲得が目標となります「動作じゃないの?」と思うかもしれませんが、リハビリの時は起き上がれるのに、病棟では一人で起き上がれない患者さんをイメージすると、わかりやすいです。
この問題の重要な点は2つです。
  1. リハ室と病棟では環境が違う
    例えば入院中病院では安定して歩けたのに、自宅では不安定になってしまった…こういう経験があるのではないでしょうか?
    行為は、環境に適応して行わなければならりません。その為、【環境の情報収集と適応】が行為には必要で、リハビリの対象はこの行為でなければなりません。
  2. リハ室と病棟生活や日常生活では、行為の意図と目的が違う
    リハビリの時に行っているのは、<動作の練習やセラピストに言われたことをやることが目的>で、病棟生活や日常生活では<意図のある目標を達成することが目的>です。
    リハビリの時は、動作を獲得するために様々な練習が行われていて、その動作を行うことが目的になってきます。
    患者さんは、自分が<立ち上がってトイレに行きたい>意図に基づいて、立ち上がるわけではありません。
    一方病棟では、それこそ<トイレに行くために立ち上がる>意図があります。
    そうなると、リハ室で行っていた動作では不十分で、自分の意図による行為や、目的を達成するための行為を練習する必要がなります。
    つまり、リハビリ中にいかに意図や目的を持ちこんで、病棟での<行為>を改善するのかが重要です。

どういう時に使い分ける?

こう見ると、それぞれ特徴のある言葉だということがお分かりいただけると思います。では、実際にこの3つをどう使い分けるのでしょうか?
結論から言うと、病態や改善の仮説を立てる時と介入する時です。
患者さんの問題点と出来ている点を、それぞれ運動レベル、動作レベル、行為レベルでみていくことで介入していく対象が明確になるメリットがあるんです。

  • 関節運動自体に問題があるのか?(運動)
  • それらを協調して動くことに問題があるのか?(動作)
  • 高次脳機能障害などの影響があるのか?(行為)

これらをクリアにして病態解釈をすると、目的が明確な介入が行えます。
その介入では、行っているプログラムが運動・動作・行為どのレベルを対象に行っているのかを、療法士は整理していくことが大切です。
これは、

  • 重心移動を含めるのか
  • 注意機能はどうか
  • 意図や目的をイメージする必要はあるか

をプログラムに含めるかどうかを考える必要がある為です。
また介入の結果、どの様な変化が生じたのかを細かく見ていく為にも重要なことになります。

いかがでしたでしょうか?
いつも何気なく使っている言葉かもしれませんが、すこし意識して使うだけで頭が整理されていくことを実感できると思います。
この考え方を、臨床にどう生かしていけば良いのかを知りたい方は、ぜひプロリハ研究サロンにお越しください!

プロリハ研究サロンでは、
・実際にどうやって評価していくのか?
・その評価結果をどうやって介入にいかしていくのか?
臨床に直結する形で学べます!