運動・動作・行為を使い分ける!!

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
プロリハ研究サロンを運営しております、理学療法士の唐沢彰太です。

リハビリテーションの専門家として言葉を正しく理解して使用することはとても大切です・
臨床の中ではもちろん、多職種での連携が大切なリハビリではその面においても重要です。
その中でも、

運動・動作・行為

の3つは、なんとなく似ているように見える言葉ですが、実は全く意味が異なっている用語です。
そこで今回は、これら3つを意識的に使い分けることで、頭が整理されてリハビリの臨床がスムーズになったり他職種の方への説明がしやすくなるなど、非常に便利ですのでぜひご参考ください。

運動・動作・行為

まずは簡単に3つの言葉の違いに触れていきたいと思います。リハビリの臨床で頭を整理しやすくする目的で、少し解釈をアレンジしています。

1,運動

<力が作用することで物体が動くこと>
人でいいますと、関節を動かすことからランニングなどまで幅広く運動ということが多いです。
『運動しましょう』のような使われ方です。
ではリハビリの臨床の中ではどう考えれば良いでしょうか?
動作や行為と分けるために、『肘を曲げる』のような【重心の移動を伴わない動き】を運動と理解すると分かりやすいと思います。
リハビリにおいて、この運動の獲得をゴールにすることはまずありません。
観察や分析をしていく過程で、どの運動に問題があるのかを考える時に使用するイメージです。
立ち上がり獲得を目標にした場合、膝関節の【運動】に問題があると言った具合です。

2,動作

<いくつかの身体部位が同時に運動することで重心移動が生じること>
重心移動が生じるのと同時にに支持基底面(身体を支持する外部環境と接している面積)の変化も生じます。
時間軸としては、動き始めてから動き終わるまでを動作としていて、起き上がり動作、立ち上がり動作のように使います。
また行為との使い分けとして、この動作自体には目的を含まないようにしています。

具体的には、何のために起き上がったのか?起き上がって何をしたいのか?などの目的は含まずに、起き上がること自体を動作として指しています。
よって、日常生活では起き上がることが目的とならず、目的を達成するために起き上がると言った思考が大切になります。

3,行為

<目的や意図によって遂行される、複数の運動と動作がが組み合わさったもの>
つまり、行為は意図や目的が先行していて、注意機能やバランス能力など様々な機能や能力が同時的に働いていることになります。
リハビリでは、この行為の獲得が目標となります
「動作じゃないの?」と思われた方がもしいらっしゃれば、リハビリの時は出来るのに病棟では出来ない問題を考えてみると分かりやすいと思います。
この問題の重要な点は2つです。
 
1つは、リハ室と病棟では環境が違うこと。
これは病院と自宅など、いろいろなところで言われているのでなじみ深いかと思います。
もう1つは、リハビリ中と病棟生活や日常生活では、意図と目的が違うことです。
つまり、リハビリの時に行っているのは<動作>であり、病棟生活や日常生活で行うのは<行為>だということです。
リハビリの時は、動作を獲得するために様々な練習が行われていて、その動作を行うこと、更に言うと練習を行うことが目的になってきます。患者さんは、自分が<立ち上がってトイレに行きたい>といった意図に基づいて立ち上がるわけではないんです。
一方で病棟では、それこそトイレに行くために立ち上がると言った意図があります。そうなると、リハ室で行っていた動作ではなく、行為をする必要が出てきます。
これらを考えて行くと、リハビリ中にいかに意図や目的を持ちこんで、病棟の時の<行為>を改善するのかが重要になってきます。

どういう場面で使い分ける?

このように見ていくと、それぞれ特徴のある言葉だということがお分かりいただけると思います。
では、実際にこの3つをどう使い分けるのか?
 
結論から言いますと、分析時と介入時です。
患者さんの問題点と出来ている点を、それぞれ運動レベル、動作レベル、行為レベルでみていくことが大切です。
 
また介入時にも、今のリハビリがどのレベルで何を対象に行っているのかを、療法士は整理していくことが大切です。
介入の結果、どの様な変化が生じたのかを細かく見ていく為にも重要なことになります。
 
いかがでしょうか?
いつも何気なく使っている言葉かもしれませんが、すこし意識して使うだけで頭が整理されていくことを実感できると思います。
是非お試しください!!

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!