感覚障害に対する介入のポイント

感覚障害に対する介入のポイント
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 私は脳卒中による感覚障害が改善していく経験を何百としてきました。これは自慢でもなんでもなく誰でも経験できることだと思っています。そのためには、他のブログでも書いている通り、観察や適切な評価・検査結果を分析して、【どうして感じないのか?】を明らかにしていくことが大切です。さらに介入していく時にも注意しなければならないことがたくさんあります。今回は https://prorehastudysalon.com/create-account/

伸張反射は改善できる?そもそも改善した方が良い?

伸張反射の亢進って改善できる?そもそも改善した方が良い…?
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 私が担当してきている患者さんの多くは脳卒中後の後遺症に悩まされている方々で、その後遺症の中でもリハビリでよく話題にあがるのが【痙縮】です。この痙縮の主原因と言われているのが、伸張反射の異常亢進で関節を他動的に動かしたときに感じる抵抗感です。 今回はこの伸張反射の改善とリハビリから見た伸張反射について書いていきたいと思います。 伸張反射ってなに? https://prorehastudysalon.com/create-account/

脳出血と脳梗塞の後遺症の違い

脳出血と脳梗塞の後遺症の違い
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 脳卒中とは、脳梗塞、脳(内)出血、くも膜下出血の3つを指していてそれぞれ病態が異なります。リハビリテーションにおいては同じ後遺症に見えても改善の速度や仕方が異なっているので注意が必要です。 そこで今回は、脳出血と脳梗塞についての簡単な説明と違いについて書いていきたいと思います。 梗塞と出血  脳梗塞はその名の通り、脳の血管が詰まったり狭まったり https://prorehastudysalon.com/create-account/