錐体路と皮質脊髄路を整理しよう

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営している、理学療法士の唐沢彰太です。

脳や神経の勉強をしていると、錐体路と皮質脊髄路は必ずと言って良いほど耳にする名前です。
ですが、この2つって何が違うの?と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、この錐体路と皮質脊髄路それぞれを簡単に説明し、整理していきたいと思います。

錐体路って…?

まず、錐体路から書いていきたいと思います。
錐体路という言葉は、現在あるような神経に関する知見がまだ少なかった頃からありました。
そのため、いろいろな意味や定義が存在してしまっている特徴があります。

その中でも、

  • 延髄錐体を通る神経束
  • 皮質の錐体細胞を起始として脊髄に投射する神経束の総称

が良く聞く内容かと思います。
つまり錐体路には、いろいろな所から起始している神経の総称になります。

これは、錐体路に含まれている神経の起始部を見ていくと更にいろいろと分かってきます。

錐体路には、

  • 運動前野
  • 補足運動野
  • 帯状皮質運動野
  • 1次感覚野

などが起始となっていることが分かっています。
つまり、運動神経という表現ではなく、運動を遂行することに関与している神経の束であると理解したほうが分かりやすいかと思います。

じゃあ皮質脊髄路って…?

では皮質脊髄路とはなんなのでしょうか?

皮質脊髄路は、「大脳皮質から始まるニューロンが頭蓋外に出るまで、どこにもニューロンを乗り換えないで直接脊髄に向かう線維束の総称」です。
つまり、皮質と脊髄を結んでいる神経です。

この皮質脊髄路は、

  1. 途中で介在ニューロンとシナプスを持つタイプ
  2. 直接脊髄の運動ニューロンに投射しているタイプ

とあります。
これは、脳の指令が

  1. 途中で調整される情報
  2. ダイレクトに伝わる情報

の2種類があるということになります。

これは脳卒中の回復過程に大きく影響しています。
このことを知っていると予後予測を自信を持ってできるんです。(詳細はサロンで…)

結局錐体路と皮質脊髄路って…?

ここまで書いてきてもふわっとしていますね。

結論です。
錐体路は「どこを通っている神経束なのか」
皮質脊髄路は「どことどこを繋いでいる神経なのか」
と、分類のカテゴリーが実は異なっています。

錐体路の多くが皮質脊髄路であるため、

錐体路=皮質脊髄路

と表現されることもしばしばですが、細かくいうと上に書いた通り違いますよね。

目の前の患者さんの状態を、医学的に説明する能力はセラピストには大切です。
そのためには、このような何気ない疑問をとことんつき詰めて考えて行くプロセスが大切です。

一味違うリハビリを。

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!