臨床は孤独…だけど

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

リハビリテーションの臨床は患者さんとセラピストの1対1です。コミュニケーション、観察、分析、介入…臨床に関するすべてを一人で考えて答えをだし、臨床と向き合わなければなりません。
私も新人の頃は臨床内で良く悩んでいました。今では悩むというよりも考える思考を持っていて、悩むことはほとんどなくなりました。
そこで今回は、臨床は孤独だけど乗り越える方法があるので書いていきたいと思います。

悩むと自信を無くしていく…

理学療法士になって間もない頃は、まだ知識も経験も少なく毎日の臨床で悩んでいました。

これであってるのかなぁ…どうしてあーなるのかわからない…

患者さんとのコミュニケーションも毎日のように先輩に怒られていました。
すると、自分の臨床に自信を失っていきました。周りにどう思われているのか、患者さんにどう思われているのかを常に気にして臨床をしていた時期もありました。

でも、今思うとこの悩んでいた時期があったからこそ今の自分があるんだと思います。
患者さんをもっと良くしたい!悩んでいた自分を変えたい!そう思った私は、本を読み、勉強会へと参加していきました。本格的に始めたのは理学療法士になって2年目からです。さすがに1年目は仕事に慣れたり、社会人として学ぶことが多かったため、一通り落ち着いてから勉強に力を入れていきました。

知識が増えると引き出しが増えます。【なぜ?】を解決する術が増えて行きます。また技術が上がると患者さんに目に見えて変化が出てきます。患者さんの喜ぶ顔、驚く顔がみれるようになると自分に自信が出てきます。
私は孤独な臨床を、勉強するという方法でポジティブな方へ変えることが出来ました。これに加えて、悩むということから考えることへと変えたことも大きなポイントです。
いくら悩んでも答えは出ません。でも考えれば何かしら答えが出ます。答えが出れば、正解不正解がわかり次に活かすことが出来ます。

臨床における<考える>には、知識よりも考える思考方法が大切です。私は論理的思考<ロジカルシンキング>を用いています。ぜひ興味のある方は、ぜひ調べてみてください。

臨床は一人じゃない時もある

さて、リハビリの臨床は患者さんに介入している時間だけではなく、勉強したり他のセラピストに相談している時も含まれると思っています。患者さんのことを想像しながら勉強したり、患者さんのことをもっと理解したいから勉強したり、どんな介入したらいいか知りたいから相談したり…常に勉強や相談の中心には患者さんがいなければなりません。

このことを考えて行くと、臨床は1対1の時と周りの人とその患者さんについて考えることが出来る時とあります。日本人特有の、間違えたくない、馬鹿がばれたくないなどの気持ちがこれらを邪魔することはたくさんあるかもしれません。
でもその気持ちを取っ払ってたくさんの人に相談して、基礎から学びなおすことが本当に大切です。
ぜひ皆さんも一人で悩まず、孤独を解消してください!!

1周年記念セミナーやります!

プロリハ研究サロンは、2021.9.1で1周年を迎えました。
1周年記念として、<著書に書ききれなかった臨床について話す会(リハビリテーション)>を開催します。

本には書くことが出来なかった内容を、話していく予定ですので読んでいただいた方も、もちろん読んでいない方も、私の臨床思考を是非1度お聞きください。

お申込み・詳細はこちら↓
著書に書けなかった臨床について話す会(リハビリテーション)

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

筋力トレーニングと運動学習を分けて考えよう!

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

リハビリテーション(以下、リハビリ)の臨床の中で組まれるプログラムには、筋力トレーニング(以下、筋トレ)がほぼ入っています。実際、私が学生の頃の実習から新人まで筋力トレーニングは<積極的>に行っていました。
この時の筋トレは、単関節の運動やキッキング(臥位や座位で蹴るような運動)、ブリッジ、腹筋などいわゆるトレーニングを指すことが多いです。これに加えて、動作練習=筋トレのようなプログラムもあります。つまり、たくさん立ち上がりを繰り返して、立ち上がりに必要な筋力を向上していくイメージです。

このように、リハビリと筋トレは切っても切り離せない関係ですが、ここに運動学習を絡めて考えて行くといろいろなことが見えてきます。
今回はこの点に関して考えて行きたいと思います。

筋トレは筋トレ

筋力を向上するためには、トレーニングが必要です。その人に合った負荷をかけてトレーニングすることで、筋出力を調整する3つの要素のうちリクルートメント(運動単位の動員数)の効率化がみられ見かけ上の筋力の向上がみられます。つまり、1つの運動神経で多くの筋を動かすことが出来るようになってきます。
 リハビリにおいて、廃用症候群のような筋力自体が低下して動作を安全に行うことが難しくなっている人や運動耐容能が低下している人は、筋力や基礎体力の向上が必要です。そのため、筋力トレーニングや有酸素運動をプログラムに入れていくことは大切です。

 一方で、運動器疾患の方に筋力トレーニングは必要なのでしょうか?この点を考えていく時に大切なのは、【あくまで筋トレは筋トレ】だということです。つまり、立ち上がりが出来ない人に立ち上がりに必要な筋力を向上するトレーニングを行えば、立ち上がりが出来るようになるわけではないということです。ここでいう立ち上がりが出来るようになるというのは、左右対称に荷重出来て安全に立ち上がることを指しています。

 これはどういうことなのでしょうか?
筋力自体が足りない人は実際たくさんいて、筋力トレーニングは必要です。
このことと同じくらい、動作の学習も大切だということです。

動作の獲得には、運動学習が必須です。立ち上がりを実際に行い、大切なところに注意を向け、知覚し次の動作にいかしていく。このサイクルを回していくことで動作は学習されていきます。
つまり、筋力トレーニングを目的としたトレーニングと運動学習を目的とした動作練習の2つがセットで行わなければ、全く意味がないということです。もっと言えば、筋力向上を目的として立ち上がり動作を繰り返すことは、正しい立ち上がりが繰り返されていれば問題ありませんが、代償が出現している状態で繰り返されれば代償が固定化し、立ち上がりの改善を難しくしていきます。

このように、筋トレはあくまで筋トレであり、目標としている動作を獲得するためには、動作学習のための介入が別途必要になってきます。

脳血管疾患では筋トレは有効?!

ここまでは運動器疾患のような、脳に損傷がなく動作を行えば学習が生じやすい疾患について書いてきました。では、脳を損傷した場合はどうなのでしょうか?
結論から言います。脳血管疾患は、動作獲得のために筋トレは有効ではありません。

あくまで<動作獲得のために>はですが、立ち上がりがふらつく、歩行が不安定な方に筋力トレーニングを行ってもそれらが解消することはありません。
ここで大切なのは、筋力向上を目的に行ったトレーニングが、筋力向上以外の効果をもたらすことで動作が改善することはあるという点です。例えば、立ち上がりの時の股関節と膝関節の伸展のタイミングが、キッキングによって知覚でき【自分で】立ち上がりに応用できた場合がそれにあたります。

そうなんです。筋力トレーニングの時の動きを自分で考えて立ち上がりにいかせる患者さんは本当に稀です。更に、高次脳機能障害があるとほぼ不可能になります。
脳血管疾患における運動障害の本質は、筋力低下ではなく身体の動かし方、動いたことの知覚など他にあります。これらに介入しながら、異常な筋緊張の亢進や運動単位の動員異常、反射の亢進など脳血管疾患に特有な現象がみられない状態で動作を遂行できるようになって初めて、筋力が向上してきます。

筋が収縮しなければ萎縮して行きます。なぜ動かないのか?の原因を明確にしていく手続きを踏まずにただ動かす、ただ動作を行うなどの介入では本質的な問題点の改善は難しいです。

介入に至るまでの手続きが、脳血管疾患ではとても大切なのが少しでもおわかりいただけたでしょうか?参考になれば幸いです。

1周年記念セミナーやります!

プロリハ研究サロンは、2021.9.1で1周年を迎えました。
1周年記念として、<著書に書ききれなかった臨床について話す会(リハビリテーション)>を開催します。

本には書くことが出来なかった内容を、話していく予定ですので読んでいただいた方も、もちろん読んでいない方も、私の臨床思考を是非1度お聞きください。

お申込み・詳細はこちら↓
著書に書けなかった臨床について話す会(リハビリテーション)

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!