半側空間無視を運動と感覚から介入する③【評価・検査編①】

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

運動と感覚にそれぞれ関係している【空間】と半側空間無視(以下USN)の関連から、USNを第1回、2回で考えてきました。
 今回は、USNと混同しやすい現象とそれらを鑑別するための評価、またUSNの症状をリハビリで介入していくためにカテゴライズしていく方法を書いていきたいと思います。

第1回⇨半側空間無視の運動と感覚から介入する①【運動編】

第2回⇨半側空間無視の運動と感覚から介入する②【感覚編】

USNと混同しやすい現象と見分け方

脳卒中などによってUSNが生じている場合は、その他にも様々な現象が同時に出現している可能性を常に考えなければなりません。
また、似たような現象や混同しても見分けがつきにくい現象は、高次脳機能障害においては非常に多くあります。

 半側空間無視も例外ではなく、前回まで書いてきました運動障害や感覚障害はもちろん、半盲や身体失認との鑑別も非常に重要になります。
運動・感覚障害とのカテゴライズは次で書きますので、ここでは半盲や身体失認について書いていきます。

1.半盲

 半盲は、眼球に入力された刺激を脳に伝達するための視神経が損傷することによって生じます。
 視神経の左右どちらか、どの段階での損傷かなどによって、見えなくなる視野の場所などが変わってきます。
 その中でもUSNと混同しやすいのが、同名半盲による左側の視野の欠損です。

 症状としても「左側が見えにくい」という訴えで、眼科などで行われる視野検査においても、半盲とUSNの鑑別は非常に困難です。
 実際私が経験した患者さんでも、半盲と診断されたものの視野が大きく改善した方がいらっしゃり、無視の要素が含まれていた方が多くいらっしゃいます。

 私は臨床の中で、半盲とUSNの鑑別には以下を考慮しています。

  • 欠損している視野に対して頚部の回旋などの代償が見られているか
  • 欠損している視野を認識出来ないが、その視野において対象物に対して、正確にリーチできないか
  • 見える時と見えない時がないか

この3つを考慮し、検査を実施します。

①においては、半盲の場合「見えない」という自覚がしっかりとあるため、視野を広くするために通常は代償が見られます。
ですが、USNによる視野狭窄では、見えていない事を自覚できないため、視野を広くしようとする代償は慢性期においては見られる人もいますが、回復期では見られないことが多いです。
この事を考慮すると、視野狭窄の原因にUSNがどれくらい影響しているのかを推測することが出来ます。

②は、盲視という現象を考慮しています。
見えていると自覚することと、見えている物に対して運動することでは使用する脳のルートが異なります。
その為、半盲ではそもそも見えていないためリーチングも難しいのですが、盲視では見えている自覚のみが障害されるため、対象物に正確にリーチングすることが出来ます。

③はそのままの意味ですが、半盲は神経損傷なので、一貫して見えません。
ですが、USNでは注意の影響が大きいため、見える時と見えない時にムラが生じることがあります。

これら3つを考慮して検査や介入を行っていくことで、半盲との鑑別を行っています。

2.消去現象

 消去現象とは、麻痺側に感覚障害がないにも関わらず、非麻痺側と麻痺側両側に感覚刺激が加わると、麻痺側の刺激を認識出来ない現象です。
 実際の臨床では、麻痺側のみと非麻痺側を含めた両側とで、知覚の程度が変化する現象がみられます。

文献上は、消去現象を半側空間無視の症状に含める場合もありますが、臨床上は別々で生じる事もあるので、介入していく上で病態解釈する時には分けた方が良いと思います。

消去現象は、視覚性、触覚性が知られておりそれぞれ視野検査の応用とフィンガータッチによって検査可能です。
 さらに、深部感覚においても消去現象が生じることを忘れてはいけません。

例えば、臨床では消去現象のみられる患者さんに立ち上がりの時に左右の体重比を意識してもらうと、これが全くできないんです。
 これは足底の圧覚で消去現象が生じているからなのですが、膝の角度や速度などを聞いても全く分かりません。
 このことから、運動覚においても消去現象が生じている可能性が高くなってきます。

この消去現象は【両側同時に刺激が加わった時】と限定されていて、USNのように常に一側を無視しているわけではありません。
 つまり、行為によって無視様の症状が見られるかどうかが変化して来るということになります。
 もちろん消去現象とUSNがオーバーラップしていることも多くありますが、行為を獲得していくためにUSNと消去現象どちらの影響が強いのかを見極めて介入していく必要がありますね。

 次回は身体失認との関係について書いていきたいと思います!

スペシャルセミナー行います!!

来る7/30に、

パーキンソン病患者に対するリハビリテーションの考え方」というテーマでセミナーを開催します!

興味をお持ちの方はぜひこちらご覧ください!
第3回スペシャルセミナー

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!