お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)リハビリテーションの臨床は患者さんとセラピストの1対1です。コミュニケーション、観察、分析、介入…臨床に関するすべてを一人で考えて答えをだし、臨床と向き合わなければなりません。私も新人の頃は臨床内で良く悩んでいました。今では悩むというよりも考える思考を持っていて、悩むことはほとんどなくなりました。そこで今回は、臨床は孤独だけど乗り越える方法があるので書いて

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン