パントマイムと模倣って何が違うの?

パントマイムと模倣って何が違うの?
お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)失行症の検査や症状で耳にする【パントマイム】と【模倣】ですが、何が違うかわかりにくいことが多いようです。この2つを混同させてしまうと、検査結果の解釈があやふやになってしまい患者さんの病態がぼやけてしまいます。反対に、パントマイムと模倣を使い分けるとたくさんの情報を得られます。少しでもこんがらがってしまっている人は本記事を参考にしてみてください! 記憶が大事 https://prorehastudysalon.com/create-account/

第4回オンラインセミナー「失行症のリハビリテーション-基礎編-」

第4回オンラインセミナー
<行為のメロディ>ルリアが言ったこの言葉は、失行症を有する患者さんをリハビリしていく上で非常に大切な言葉です。私が学校で勉強した【失行症】は、櫛の使い方を間違えるといった道具使用に関することでした。ですが実際は、道具使用はできるけど歩行がぎこちない…このような症状に出会うことがほとんどです。このことが臨床で失行症にあまりであったことがないと勘違いしてしまう理由でもあります。失行症は現象の理解が難しく、なかなか手を出しにくい領域になってしまっています。そこで今回は、症例をベースとして紐解いていき失 https://prorehastudysalon.com/create-account/

失行症…知らないじゃすまされない!

失行症…知らないじゃすまされない!
 お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 「麻痺が重くて手がうまく動かないみたいなんです…」これはある患者さんのご家族が私に話してくれたことです。入院していた病院からそう説明されましたが諦められずリハビリが出来る所を探していたともお話してくれました。ですが念入りに評価/検査をしていくと麻痺ではなく他の原因が見えてきました。この出来事の重大さが伝わるでしょうか?医療側が患者さんの病態を https://prorehastudysalon.com/create-account/

スムーズに行為をおこなうために-運動と行為の違いから-

スムーズに行為をおこなうために
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)スムーズに歩くスムーズに文字を書く人は、様々な行為をスムーズに行うことが出来ます。リハビリテーションの目的においてもぎこちない状態からスムーズにできるように介入することも少なくありません。そもそも人はどうしてスムーズに動くことが出来るのでしょうか?そこには人ならではの理由があります。 そこで今回は、脳卒中の患者さんから行為をスムーズに行うことの難 https://prorehastudysalon.com/create-account/

失行症のリハビリテーション

失行症のリハビリテーション
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)運動障害も感覚障害もないのに、意図した行為をスムーズかつ効率的に行うことが出来ない。失行症はそんないろいろな現象を引き起こす症状の総称です。教科書で使用した本にのっているような、「歯ブラシで髪を梳かしてしまう」「手で狐を作ったものを模倣できない」は一部でしかありません。近年少しずつ解明されてきた失行症に対するリハビリテーションはまだまだ発展途上と https://prorehastudysalon.com/create-account/

失行症の患者さんに悩んだら読むブログ

失行症の患者さんに悩んだら読むブログ
お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 脳卒中の後遺症を持つ患者さんのリハビリは悩むことが本当に多いです。お読みいただいてる皆さんの中で、右半球損傷と左半球損傷とでどちらかに苦手意識をお持ちの方はいらっしゃいませんか? もし苦手意識がない方は非常に素晴らしいですし、お持ちの方も仕方がないことかと思います。 今回は、左半球損傷の患者さんのリハビリが苦手な方に失行症に焦点を当てて書いていきたいと思 https://prorehastudysalon.com/create-account/