コミュニケーション大切にしていますか?(リハビリ)

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

コミュニケーションは、

  • 聴く:理解する
  • 話す:伝える

の2つを基本にしています。ただ、表情や態度、身振り手振りなど視覚から得られる情報もたくさんあるのが特徴です。

リハビリテーションにおいてこのコミュニケーションは非常に重要で、お互いの信頼関係がなければ成り立たない職種でもあります。
そこで今回は、リハビリテーションにおけるコミュニケーションを<聴く>と<話す>の双方から書いていきたいと思います。

  • 話すのが苦手だなぁ…
  • 相手の意図を組むのがなぜかできない…

など悩まれている方ぜひご覧ください。

聴く

コミュニケーションにおいて、相手の話を聴くことは基本中の基本です。【聞く】ではなく【聴く】ですね。注意深く相手の話を聞いて相手を理解しようと努めている姿勢が現れています。
聴く方法でよく耳にするのが【傾聴】です。しっかりと相手の話を聞いている姿勢を見せ、相手に本質を話してもらう方法です。適度な相槌や質問をすることで、相手が気持ちよく話が出来ることがメリットです。
この傾聴では、相手が話をしたいという文脈が前提にあります。つまり心理的に「誰かに聞いて欲しい」欲求があるということになります。話したい!聞いて欲しい!と心理的に思っている人の話を傾聴すると、信頼関係はしっかりと築けますよね。

ではリハビリの臨床では【聴く】とはなんでしょうか?
結論から言いますと、

<ラポールの形成と改善への手掛かりを得る>

目的で行います。
ラポール形成はそのままで、人間関係としての信頼関係を築いていく手続きとなります。ただここで注意が必要なのは、理学療法士や作業療法士などの専門職では2つの信頼関係があるということです。
1つは、「良い人」「優しい人」など人としての信頼関係です。
もう1つは、「優秀」「私の悩みを解決してくれる」などの専門家としての信頼関係です。
リハビリにおいては、この2つの信頼関係を築くことで、ラポールを形成していく必要があります。その為に、患者さん・利用者さんの話を聴く必要が出てきます。

 人としての信頼関係は職場の人や友人など様々な場面において必要で、話しを聞かない人はなかなか気難しい人に見えてしまいます。相手が話を聞いて欲しいだけなのか、アドバイスが欲しいのかなどどのような意図で話しているのかを理解した上で聴いていってください。

 一方で専門家としての信頼関係は、患者さんの悩みをしっかりと聞き、アドバイスや介入で解決していく一連のプロセスが大切です。例えば、痛みに関するお話をしていただいた場合、なぜ痛いのか?どうすれば良くなるのか?を相手が理解できるような言葉を使用して説明していきます。専門家に悩みを話しているということは、何かしらのアドバイスやもっと言うと解決を求めていることを念頭に置いて聴くことが大切です。

 信頼関係ともう1つの改善の手掛かりを得るですが、患者さんの話している内容から患者さんの<癖>を掴む手続きになります。
運動器疾患の患者さんであれば、

  • 痛みに関する話ばかりしていないか
  • 痛くない時の話はないか
  • ネガティブな発言が多くないか

などを話の中から把握していきます。

脳血管疾患の患者さんであれば、

  • 麻痺側のことをどう捉えているか
  • 今後についてポジティブな話はあるか
  • 動作のやりにくさの原因などどう考えているか

などになります。
このように患者さんの話から<癖>を把握していくためには、聴き手側の質問の内容が非常に重要です。何を知りたいからこの質問をするのか?これが自分の中で明確でなければ、相手がこちら側の質問の意図を理解できません。つまりコミュニケーションになりません。質問については次の【話す】の中で話していきます。

話す

話す時に大切なのは、

<相手の求めている内容を簡潔に伝える>

ことです。話が長いのは相手の脳に負担をかけるだけなので、あまり良いことはありません。リハビリの臨床で話題にあがるのは、専門用語を使用するのかどうかです。もちろんケースバイケースですが、私は専門用語を出来るだけ使用するようにしています。これは私が病院ではなく、保険外のリハビリにいるからかもしれませんが、患者さんや利用者さんは自分の状態を知りたがっている人が多いからです。同時に、それは改善するのか、どこまで良くなるのかは全員知りたがっています。

これらの希望にこたえるために、専門用語をあえて使用することで、今の自分の状態を正確に把握できることが多いです。もちろん、その専門用語を簡潔に説明出来なければなりません。ですが、これが自分の状態を間違えて把握してしまっている人がいます。最も多いのが<運動麻痺><感覚麻痺>という言葉です。患者さんを評価してセラピストが把握できるのは、<麻痺>ではなく<障害>です。動かしにくい、感じにくいという状況から<麻痺>という言葉を安易に使用してしまうのは非常に危険です。麻痺と障害では、介入の方向性も予後も全く異なるからです。

このように、専門家として<話していく>時には使用する言葉を吟味しながら、相手が理解しやすいように簡潔にすることが大切です。

 

いかがでしたでしょうか?これでもごく一部ですが、臨床にはコミュニケーション、しかもリハビリの専門家としてのコミュニケーションスキルが実はあるんですね。ぜひご活用ください。もしもっと知りたい!という方はお気軽にサロンにご入会ください!!

1周年記念セミナーやります!

プロリハ研究サロンは、2021.9.1で1周年を迎えました。
1周年記念として、<著書に書ききれなかった臨床について話す会(リハビリテーション)>を開催します。

本には書くことが出来なかった内容を、話していく予定ですので読んでいただいた方も、もちろん読んでいない方も、私の臨床思考を是非1度お聞きください。

お申込み・詳細はこちら↓
著書に書けなかった臨床について話す会(リハビリテーション)

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!