脳卒中後の内反は改善できる(評価編)

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

脳卒中患者さんが安全に歩行が出来ない理由の中でも「内反」は改善が難しい現象の1つです。足首が内反してしまい、床との接地面が小指側だけになり荷重が十分に行えないため歩行は不安定になってしまいます。
 そんな内反ですが、実は改善できることを皆さんは知っていますか?実際私は臨床の中で多くの患者さんの内反を改善し装具を簡易的なものに変更したり、外したり出来ています。
 そこで今回はそんな脳卒中後の内反について書いていきたいと思います。

内反を分類して紐解いていく

私は脳卒中後の内反を分類して考えています。足部に生じる現象として類似している物が混在しているため、整理する目的です。

  1. 内反:放散による前脛骨筋の異常収縮による現象
  2. 内反尖足:内反に後脛骨筋を中心とした筋による底屈が加わったもの
  3. 足指の屈曲を伴う内反:内反にクロートゥーと呼ばれる足指の屈曲が加わったもの
  4. 1と3の同時出現

どの筋が関与しているのか、どの運動が見られているのかの視点での分類です。①は更に分類していきます。

  • 股関節運動時に出現する
  • 膝関節運動時に出現する
  • 麻痺側荷重時に出現する

つまり、足関節を動かした時以外にどの関節を動かしたときに内反が見られるのかを見ていきます。この理由は口述しますが介入する対象を決めるためです。

 この他に内反の改善を目指すために必要な評価は次のようなものになります。

  • 足関節の底背屈の運動評価
  • 足底の知覚評価
  • 内反の体性感覚的な自覚の有無

ここまでの現象による分類と、評価結果による分類から介入方法を決めていきます。この時大切なのは内反が患者さんのHOPEとなる動作の獲得に直結しているかです。立ち上がりが目標の方に内反の介入はしないイメージです。

内反は起きちゃってるのではなく起こしている

内反へのアプローチにおいて、患者さんが内反の自覚しているかどうかはとても重要な要素になります。歩行のように内反していると歩きにくいと言った文脈であれば気付くかもしませんが、起き上がりの時、靴を履くとき、立ち上がる時など内反が出現していることに気付いていないことが多いです。そうなると、介入しても動作に汎化しない結果になりがちなので内反に関する自覚の質問は必須です。

例えば、歩行の時にどのタイミングから内反が出現しているのか?股関節の屈曲時に内反が出現していることに気付いているか?など1つ1つ聞いていきます。この時の自覚は、人に言われて知っているではなく運動覚などの体性感覚によって気付けるかに注意してください。

 患者さんの内反に関する発言で良く聞かれるのは、「足首がひっくり返っちゃう」「勝手になっちゃう」など内反に対する主体感のなさです。つまり、自分が内反が出てしまう様な動き方をしているという思考になれるかどうかが大切です。これは介入において重要なので患者さんの発言を注意深く聞いて下さい。

次回介入について書いていきますのでお楽しみに!!

第3回オンラインセミナーvol2

運動障害がテーマのセミナー開催決定!!

2021.10.29(金)21:00~開催!!
高次脳機能障害、感覚障害をテーマにセミナーを開催してきたプロリハ研究サロン。
次のテーマは運動障害です。運動が行えない理由が分かれば介入の幅も大きく広がります!
リハビリテーションの臨床では絶対に知っておいた方が良い内容です。

お申込み・詳細はこちら↓(peatixよりお申込みいただけます)
運動障害の評価と介入

ロジカルアナリシス

2021.11.1 kindle限定で発売決定!
価格 500円

ブログでも書き続けている分析をロジカルに行う方法がついに書籍化!
分析の思考から介入にいかすところまで全てを言語化して根拠のある方法を実践したい人必見です。

ご予約・購入はこちら↓(Amazon)
ロジカルアナリシス

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!