痛みは感覚なのか?

痛みは感覚なのか?

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

皆さんはいま、どこかに痛みを【感じている】でしょうか?私はパソコンと向き合う時間が多く、肩に痛みを感じています…。

リハビリテーションの現場で働いていると、痛みを持つ多くの患者さんと出会います。骨折による痛み、姿勢不良による痛み、脳卒中後の痛み、線維筋痛症による痛み…同じ【痛み】という言葉で表していますが、実際は全く異なる性質を持っていて到底同じ言葉で表せるようなものではありません。

そこで今回は、最初に書いたように痛みは【感じるもの】として捉えられていますが、表在感覚や深部感覚など他の感覚と同じ感覚なのか?について考えていきたいと思います。

痛みと感覚の違いから考える

つま先が痛い、膝が痛い、頭が痛いなど痛みには身体部位を特定できる特徴があります。これは通常の体性感覚と同様で、手に何か触れている、肘が動いているなどがこれにあたります。このような痛みの身体部位を特定できる特徴は、痛みの<感覚的側面>と言われており、脳にある身体再現と比較されていることが分かります。

一方で、痛みには「この辺が痛い」といったような痛みの部位を点で特定できないものも存在します。その多くは慢性痛で、例えば腰痛であれば痛いのが左右どちらかわからなかったり、日によって痛いところが違ったりと感覚では説明できない側面があります。

これらのことを踏まえると、痛みには感覚的な側面を多く含むものとそうではないものがあることがわかります。では感覚的な側面を多く含むいわゆる急性痛に関しては、体性感覚などの感覚と同じと考えて良いのでしょうか?答えは半分YESで半分NOです。つまり、痛みには体性感覚にはない特別性が存在していて、それが痛みが単なる感覚ではないと言わしめている原因なのです。

それはなんなのか?答えは、【心理面】です。心理面をもう少し細かく言うと【情動】となります。痛みはもともと危険信号で、身体に危険が生じていることを脳に知らせて、それを回避・逃避するためのものです。よって、痛みには負の情動(嫌だ)が働くことがもともと動物的に備わっています。これは、脳で処理される過程でもわかり、痛み刺激は感覚を処理している頭頂葉だけではなく、情動に深く関与する島皮質へも伝達されています。もちろん体性感覚でも情動は働きますが、直接的・同時的ではなくその役割も異なっています。
最近ではよく聞くようになりましたが、痛みとは情動体験だということが、通常の感覚とは異なる点なのかもしれません。

痛みを改善していくためには

リハビリテーションで痛みのある患者さんへ介入していくためには、ここまでのことを念頭に痛みの種類や質を患者さんに聞いていくことが大切になります。原因は何なのか?どのように痛むのか?どんなことをすると痛いのか?…これらのことを問診で聞きながら、痛みへと迫っていきます。これは、痛みにはいろいろな原因があり、またいろいろな要素が関係しているからに他なりません。
さらに、痛みが情動体験であるならば、患者さんは痛みをどう体験していて、痛みのある人生をどう経験しているのかまで考えて行く必要があります。これは、脳卒中後の患者さんの感覚障害でも同様で、感じにくい身体で人生をどう経験しているのかを考えなければならないのと一緒です。

患者さんからすれば、今ある痛みや感覚障害を最も理解しようとしてくれて、自分のことを考えていてくれる存在がセラピストなのです。自分がそんな存在になれているかどうかを大切にしながら、今日も患者さんとリハビリテーションの旅に出ていきたいと思います。

感覚障害に関するセミナー行います!!

8/31の20:00~、感覚障害」をテーマにセミナーを開催します!

主に脳卒中後の感覚障害についての内容になります。

興味がある方はぜひこちらご覧ください!
第2回オンラインセミナー「感覚障害の評価と介入」

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

第2回オンラインセミナー「感覚障害」

第2回オンラインセミナー

初の2時間開催です。
今回は脳卒中のリハビリで頻繁に遭遇する「感覚障害」がテーマです。

「触っている感じが分からない」
「動いている感じがしない」

このような患者さんが感じられるようになるためにはどうすれば良いのでしょうか?。

感じない原因はたくさんあり、それらを深めていくための評価も存在します。
脳科学、神経心理学をもとにリハビリの臨床に応用しながら考えて行く、実際に行っている方法をご紹介いたします。
感じないことと動かしにくいことを関連づけて考えながら、症例を交えてお話していきます!

感覚障害を持つ患者さんとのリハビリの知識を増やしたい方必見です!!

こちらからお申し込みください!
第2回オンラインセミナー【感覚障害】

<具体的な内容>

  • 感覚ってなに?
  • 感覚障害ってどうして起こる?
  • 感覚障害の原因を探るための評価とは?
  • 感覚障害のある患者さんとのリハビリテーションの考え方

<こんな人におススメです!>

  • 感覚障害のある患者さんのリハビリってなんか苦手…
  • 運動と感覚の関係について知りたい
  • 感覚が良くなるとどうして動作が良くなるのか知りたい
  • 感覚障害についての知識を増やしたい
  • 運動障害に対する介入は思いつくけど感覚障害はなかなか思いつかない…

※回復期から生活期にお勤めの理学療法士/作業療法士/言語聴覚士の方々向けの内容です。
※1年目から10年目以上の方まで幅広く対応させていただく内容になっております。

<詳細>

日付:8/31(火)
時間:20:00~22:00(予定)+質疑応答
定員:50名(先着順ですのでお早めにお申し込みください)
場所:zoomを使用したオンライン開催
(Peatixのイベントページより入場できますが、トラブルの時のため当日までにメールアドレスへURLをお送りいたします)
参加費:資料の【有り】【無し】で金額が異なりますのでお間違えの無いようご確認の上お申し込みください。

  1. 資料あり:2,000円(前日までに資料をお送りいたします)
    ※3日前以降に参加申し込みをされた方に関しましては、セミナーまでにお送りいたします。
  2. 資料なし:1,000円(セミナー終了後含めて、資料の配布はありませんのでご了承ください)

※本セミナーは、臨床に必要な知識や方法が内容の中心となっております。
※当日、参加出来なかった際の返金にはご対応出来かねますのでご了承の上お申し込みください。また資料をそうした後のキャンセルもご対応出来かねますのでご了承ください。

<講師紹介>


【所属】株式会社ワイズ 脳梗塞リハビリセンター

【略歴】
2010年 理学療法士免許取得 回復期リハビリテーション病院入職
2015年 現職

【執筆】
2016年 「臨床は、とまらない」(協同医書出版)
2020年 「傷ついた、脳の声が聞こえているか」(みらい学芸社)

【講演】高次脳機能障害や脳血管疾患に関する内容を中心に多数(認知神経リハビリテーション学会、MARKSTAR、人間再生研究会など)

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

いろいろな感覚を統合すると…?

いろいろな感覚を統合すると…?

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

人はいろいろな感覚を通して様々なことを知覚しています。それらの感覚にはそれぞれの役割があり、受容できる刺激も限定されています。

例えば、視覚は光を受容して環境を知覚する役割があります。また、深部感覚は伸張を受容して身体を知覚する役割があります。聴覚であれば振動を知覚して、言語や音を知覚する役割があります。
このような基本的な感覚は、脳で処理されていくと統合されて情報の信用性を増加させたり、新たな情報を作り出したりしています。

今回は、この感覚を統合する観点からリハビリにどう活かせるのかを考えて行きたいと思います。

感覚障害に関するセミナー行います!!

8/31の20:00~、感覚障害」をテーマにセミナーを開催します!

主に脳卒中後の感覚障害についての内容になります。

興味がある方はぜひこちらご覧ください!
第2回オンラインセミナー「感覚障害の評価と介入」

感覚を統合するってどういうこと?

生きていくことは常に多くの感覚の入力を受けていくことです。この多くの感覚は常に同時に入力されていて、これらの感覚を脳はフィルターをかけながら処理することで、行為を行うことが出来ています。
人は1つのことしか意識することが出来ません。(詳しくは<注意の配分性って間違えやすい…大丈夫ですか?>をご参照ください)
この【意識】はいろいろな感覚が含まれていて、多くのことを知覚することで可能になっています。
家でソファーに座ってテレビを見ているときを例に考えてみます。(図1)

テレビを見ている時はテレビが意識にのぼっています。この時、

  • テレビ画面を見ている:視覚
  • テレビの音声を聞いている:聴覚

の2つが知覚されています。つまりこの2つが知覚されることによって、<テレビを楽しむ>ことが可能になっていることになります。
また意識にのぼっていない感覚もあります。

  • ソファーに座っている:体性感覚(触圧覚、深部感覚)前庭感覚など

これらの感覚は常に入力されていますが、意識にのぼっていないため知覚することはありません。もし2時間以上座りっぱなしであれば、腰が痛くなってきて痛みを意識し始めてしまい、テレビに集中できなくなるかもしれません。

この例の中で大切な感覚の統合は視覚と聴覚を統合することによって、テレビを楽しむことにあります。音が聞こえないないテレビよりも音が聞こえた方が楽しいと思います。もし視覚と聴覚が統合できなければ、聞こえている音がテレビから聞こえていると理解できないかもしれません。

テレビを見ている時の多感覚

テレビを見ていてスマホが鳴る音が聞こえてきた時、自分のスマホが鳴ったと勘違いした事はありませんか?このスマホが鳴った時に、画面にスマホが鳴っている画面が写っているかどうかでこの錯覚が生じるかどうかが大きく影響します。つまり、視覚でテレビでスマホが鳴っていることを見て、聴覚でスマホが鳴っていることを聞くことでこれらが統合され【テレビでスマホが鳴っている】と認知することが出来ているのです。

このように、単感覚ではわかりにくいことが2つ以上の感覚を知覚し統合することで分かりやすくなることが非常にたくさんあります。このことをリハビリに活かしていくにはどうすれば良いのでしょうか?

感覚を手掛かりと考えてみる

人指し指でテーブルの手触りを確かめてみてください。この時、自分で人指し指を動かして手触りを確かめたと思いますが、指先の触覚だけではなく指が動くことで生じる運動覚も知覚しています。実際に行っていただくと分かりますが、紙の手触りを確かめる時に指を動かすのか、紙を動かすのかで手触りが変わると思います。圧の変化もありますが、運動覚による触覚の変化が生じています。
言い方を変えると、運動覚によって手触りがよりわかりやすくなっていると言えます。実際、自分で指を動かして紙の手触りを確かめた方がより分かりやすくなったのではないでしょうか?このことから、感覚は知覚することの手掛かりになると考えることが出来ます。

臨床において、感覚がわかりにくいと訴える患者さんに対して、1つの感覚を対象として介入していませんか?触れている感じがわからない患者さんに、触覚のみを感覚刺激をして知覚してもらおうとするよりも、運動覚を同時に入力した方が触覚の役割である、物の材質の知覚が出来ることを数えきれないくらい経験してきました。

感覚の評価はまず単感覚から始めていき、2種類の刺激を知覚した時の能力を評価して短角の時と差がないかどうかを見ていくと、患者さんの本当の知覚に関する能力が見えてくるかも知れません。

ぜひご参考ください!!!

感覚障害に関するセミナー行います!!

8/31の20:00~、感覚障害」をテーマにセミナーを開催します!

主に脳卒中後の感覚障害についての内容になります。

興味がある方はぜひこちらご覧ください!
第2回オンラインセミナー「感覚障害の評価と介入」

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

オンラインセミナーのトリセツ-リハビリ-

オンラインセミナーのトリセツ

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

2020年の始めから流行し始めた「covod-19」により、社会は大きく変化することが求められました。不要不急という言葉が毎日のようにメディアから発信され、職場へ行くことすら難しい業種の人も多くいらっしゃったのではないでしょうか。

リハビリテーションの業界は、テレワークで仕事ができる業界ではなく、常に患者さんや利用者さんと接することで成り立っています。病院や施設では日頃から感染対策を行っていますが、換気など新しく取り入れる必要がある項目もありました。

また、オンラインが広く普及したことによって、会場にてオフラインで行っていたセミナーも今ではそのほとんどがオンラインで開催されるようになっています。

そこで今回は、そんなオンラインセミナーに参加する上で注意する点について書いていきたいと思います!

こちらもあわせてお読みください!
リハビリの勉強会-PT・OT・ST-

とっても簡単!気軽に参加できるオンラインセミナー

オンラインセミナーに初めて参加する時ってなんだかドキドキしませんでしたか?もしまだ参加したことがない人は、「オンラインでセミナーってなんだかなぁ…」と思われている方もいらっしゃるかと思います。私は今の職場でオンラインをフル活用していたのであまり感じませんでしたが、環境によってもオンラインセミナーに対する印象は異なっているようです。

ですが、一度オンラインセミナーに参加すると癖になるくらいとても便利で簡単に参加することが出来ます。準備するのはインターネット環境とPCかスマホかタブレットだけで、他には何もいりません。

参加当日は、運営側から送られてくるURLをクリックするだけで参加出来ちゃいます。会場に出向き、オフラインで参加するセミナーと比べるととても気軽に参加できます。

一方で、こんな意見も聞きます。

「家から参加すると、勉強モードにならなくて集中できない」

「会場の雰囲気が分からず、何となく受けにくい」

また演者からもこんな意見が…

「基本的にカメラがオフなので、参加者の反応がわかりにくく話しにくい」

それぞれメリットデメリットがありそうですね。

そこで、PCやスマホを利用して参加するオンラインセミナーと、実際に会場に行き参加するオフラインセミナーのメリットデメリットを比べてみたいと思います。

 

オンラインとオフラインの比較

それぞれ特徴がありますね。

とにかく気軽に、いつでもどこでも参加できるのがオンラインの特徴と言えそうです。しっかり勉強モードに入って、一日かけて学ぶのがオフラインと言えそうです。

ただ、オンラインも慣れてくると要領がつかめてくるので、オフラインと変わらない質で受けることが出来てきます。そうすると、交通費など参加費以外の費用が掛からず、準備も簡単にできるオンラインセミナーが今後も主流になりそうです。

参加する時の心得

私は、代償含めて数百のオンラインセミナーを行ってきました。その中で気付いたことをもとに、オンラインセミナーに参加する時の心得をお話していきます。今回は、オンラインセミナーで主流となっているツールのうち、zoomを使用した場合について書いていきます。Zoomには、zoom meetingとウェビナーがありますが、広く使用されているzoom meetingです。

  1. 入室する時はミュートにすべし
    ナイトセミナーや休日での参加では、移動中だったり家族がいる家だったりと周囲から音が聞こえる環境にいることが多いと思います。基本的には入室する時にはミュートにして入室するといいと思います。Zoomのアカウントをお持ちの方は、アカウント設定から設定できます。もしお持ちでない方は、入室したらすぐにミュートにする癖を付けるといいと思います。
  2. カメラは出来る限りオンにすべし
    先ほども書きましたが、話者側は参加者の顔をみながら話すと非常にスムーズに話せますし、テンションが上がります。セミナーのルールにのっとった上でカメラをオンに出来る場合は積極的にオンにしてみてください。集中力も上がります。
  3. チャットを使いこなすべし
    これはオンラインセミナーのメリットの1つですが、話者が話している時にわからなかった点や、疑問に思った点をすぐにチャットにて質問が出来ます。(セミナーによっては制限されているかもしれないので注意してください)これはオフラインでは出来なかった、もしくはやりにくかったことなので積極的に質問してみてください。これも話者はテンション上がります。
  4. 録音・録画は基本厳禁
    そのままの意味ですが、オンラインではオフラインと比べて圧倒的に録画・録音がしやすい環境にあります。ですが、セミナーでは基本的にはそれらは禁止されていることが多いです。これは内容のブランディングや個人情報の観点が影響しているので、絶対に、絶対にやめましょう。

いかがでしたでしょうか?これからどんどん増えてくることが予想されるオンラインセミナーですが、1つ注意が必要です。
オンラインとは違い、誰でも開催できてしまうため発信しやすいメリットとは裏腹に、内容の質の問題が生じてくると思います。参加した人の口コミや話者の信頼性などしっかりと見極めたうえで参加してください!

感覚障害に関するセミナー行います!!

まだ先ですが、8/31に、

感覚障害」をテーマにセミナーを開催します!
主に脳卒中後の感覚障害についての内容になります。

興味がある方はぜひこちらご覧ください!
第2回オンラインセミナー「感覚障害の評価と介入」

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

リハビリの勉強会-PT・OT・ST-

リハビリの勉強会

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

医療に携わる理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)は常に新しい情報を収集していかなければならない業種です。
数年前まで常識と考えられてきたことが、研究発表によって覆ることもあり信頼性の高い情報を患者さんに提供する義務があるからです。
その為、本や文献を読んだり、勉強会や講習会、研修会に参加する必要があります。
そこで今回は、私が100以上の勉強会に参加した経験を活かして、勉強会に参加する時のポイントや注意点、また受けるうえでの大切なことについて書いていきます!

セミナーは内容で選ぶ?それとも講師で選ぶ?

セミナーは大きなカテゴリで以下のように分けられます。

  • 座学のみ
  • 実技研修のみ
  • 両方含んでいる
  • 患者さんに協力いただく

このようなセミナーのカテゴリとは別に以下のようなカテゴリもあります。

  • セミナー会社主催の単発型、複数回型
  • 学会主催の単発型、複数型(手技含む)
  • 個人主催や個人運営の団体主催の単発型、複数型

更に、内容でもカテゴリされています。

  • 基礎学問別(脳科学、解剖学、運動学など)
  • 疾患別(脳卒中、運動器疾患、神経難病など)
  • 目的別(触診、観察・分析など)
  • 領域別(臨床、症例発表、研究領域など)

このように、リハビリテーションのセミナーと言っても様々なカテゴリがあり、今自分がどの勉強会に参加したいのかを明確にしないとなかなか良いセミナーに出会うことが難しくなってきています。
同時に、セミナーの数と種類が多すぎることで、どれに参加すれば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか?

セミナーを選ぶときに大切なのは、どんな内容なのか?また誰が講師なのか?ということです。
例えば、脳に関する基礎知識をセミナーで得たい時、<基礎から学べる脳>のようなセミナーが魅力的です。
ですが、もしそのセミナーの講師が整形外科に努める理学療法士だったらどうでしょう?
もしかしたら本に書いてある内容をまとめただけの内容かもしれません。

反対に、以前参加したセミナーの内容がとても分かりやすく楽しかった時、その講師と自分が合っていたと思います。
そうすると、その講師のセミナーが他にもないかを探すのではないでしょうか?
そうなんです。
リハビリテーションにおいて重要なのは、セミナーのテーマや内容ではなく、誰が講師なのか?なんです!

ですが、ここで1つ問題が生じます。
良い講師にはどう出会えば良いのか?です。

【口コミが高い・有名=自分に合っている】

ではありません。
つまり自分に合った講師を見つけなければ、セミナーを選ぶときの基準には出来ません。
そこで1つ手掛かりになるのは、【論文】です。
論文を書かれている人は、その領域の先端を行かれていることが多く、内容の信憑性も高いんです。
ですが、理学療法士や作業療法士ではなかったりすると、臨床に関する話がなかったりするので、知識のみを得たい時におススメです。

また【書籍】を出していることも1つの手掛かりになります。
書籍は誰でも出せるわけではなく、ある一定の信頼がなければ出せません。
書籍を読んで、面白い、ためになると思ったのであれば、その著者のセミナーを探してみるのも良いかもしれません。

もちろん、口コミが良い、みんな参加しているセミナーにまず参加するのも良いと思います。
その中で、自分に合ったセミナーを見つけるのも1つの楽しみかもしれませんね。

そこでしか聞けない内容を探す

多くのセミナーに参加していると、論文に書かれていることをまとめた内容だったり、他のセミナーでも聞いたことある内容だったりと、自分が求めていた内容とは違うことが多くあります。
そんな中で私は、1つのセミナーで必ず1つは持ち帰ることを意識しています。
もしかしたら、全く新しい知識かもしれませんし、聞いたことあったとしても復習出来た知識かもしれません。
もしくは、患者さんの評価や介入の方法が浮かぶかもしれません。

このように、1つだけを意識してセミナーを受けると、復習した時に何が大切かわからくなることもありません。

一方で、セミナーで最も楽しい瞬間は、「へぇー」と思った瞬間だと思います。
この感覚を得るためには、そのセミナーで初めて聞いた!という内容に出会えなければなりません。
その人なりの考え方や経験談、また最先端の研究など他のセミナーでは聞くことが出来ない内容を求めることが大切です。
同時に、その内容が本当に正しいのか、また役に立つのかなどは自分でしっかりと判断していく能力も必要になってきます。

情報があふれているこの時代。
情報に振り回されず、自分の軸で取捨選択が出来るように自分の物差しを持つことの必要性が高まってきています。

感覚障害に関するセミナー行います!!

まだ先ですが、8/31に、

感覚障害」をテーマにセミナーを開催します!
主に脳卒中後の感覚障害についての内容になります。

興味がある方はぜひこちらご覧ください!
第2回オンラインセミナー「感覚障害の評価と介入」

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

勉強したいと思った時に読む記事【理学療法士・作業療法士・言語聴覚士必見】

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?です。

新型コロナの影響もあり、オンラインでのセミナーや動画コンテンツが流通しだした昨今、数年前と比べて勉強する「機会」や「場」が劇的に増加してきています。

私が新人だった頃にはなかった勉強する側の「悩み」が出てきているようです。

それは、

  1. どれが良いのか分からない
  2. コンテンツが多すぎて消化しきれない
という内容です。
毎週のように書籍をあさり、講習会のサイトをサーフィンしていた私の時代から考えると非常に幸せな悩みですが、そうも言っていられませんよね。
そこで今回は、この2つの悩みについてサロンを運営したり、セミナー講師や学会の運営の経験からアドバイスさせていただきます。

自分に合ったセミナーを見つける

リハビリに従事している、理学療法士、作業療法士のセミナーは従来は3種類ありました。

  1. 座学中心のセミナー
  2. 手技などの実技中心のセミナー
  3. 学術集会
の3種類です。また、
  • 1回完結のセミナー
  • コース制のセミナー

とあり、内容によって分かれていました。
これらの特徴はオンラインによって変化してきています。
1の座学と3の学術集会はオンラインとの親和性が高いため、そのままオンラインで開催されています。
一方で、実技のセミナーはオンラインでの開催は難しく、職場での勉強会の場が今までよりも大切になってきています。
また、オンラインの利点を生かして、動画コンテンツの配信も積極的に行われてきています。
オンラインセミナーの種類もいくつかあります。
詳細はこちらをお読みいただければと思いますが、
(→リハビリのオンラインサロンとは?)どれが自分に合っているのかがわからないほど、様々な形があります。

「勉強していきたい」

と思っている人がこれらのなかから選ぶときに大切なのは、以下の3つと考えています。

  • 自分のニーズに合っているかどうか
  • 自分のライフスタイルを圧迫しないかどうか
  • 自分のレベルに合っているかどうか

STEP1
勉強したいと思ったきっかけから、自分が今なにを勉強したいのかを考えます。
その勉強したい内容が網羅されているかが1つ判断材料になります。
基礎知識を得たい、神経系を知りたいなどがこれにあたります。

STEP2
結婚し子供がいる方、趣味に時間を割きたい方など、様々なライフスタイルの方がいる中で、勉強にどれくらいの時間とお金を避けるのかは非常に大切です。
例えば毎週末勉強会に行ける、月に1回参加できる、通勤時間を有効活用したいなどがこれにあたります。
 
STEP3
ニーズとスタイルをはっきりさせたら、最後に自分が学びたいレベルを考えます。
はじめて勉強する領域なのか、ある程度勉強し応用していきたいのかなどになります。
これは1度参加してみないとわからない部分もありますので、無料で参加できる機会を上手く利用するのがおススメです。
 
このSTEPとは別に注意点があります。
基本的に、いろいろなコンテンツを準備しているところは一見良さそうに見えますが、専門性という点から考えると物足りなく感じます。
「いろいろ勉強したい!」という【広く浅く】から入りたい人は良いですが、ピンポイントで!もしくは、極めたい!と思っている人はお勧めできないのでご注意ください。
また、多くのコンテンツを持っている所も魅力的ですが、正直消化しきれないというのが多くの声で分かっています。
自分のライフスタイルに合わせて、どれくらいの量を消化できるのかも大事です。
動画もただ観て終わりではなく、内容を咀嚼して自分の知識にして、臨床でいかさなければいけないので、月に数本が限界です。
このように、意外と学べる量には限界があり、自分に合ったものを探すのは大変なんです。
 
プロリハ研究サロンは、臨床に特化していて、疾患別・症状別にセミナーを行っています。
1回30分のセミナーなので、消化しやすくオンラインサロンという特徴を生かして、質問も気軽に出来る環境になっています。
セミナーが1回5000円以上する中、月1000円で参加できるのも魅力です。
無料体験セミナーもありますので、ぜひ1度ご参加下さい。

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

seminar movie

「どんな勉強会なの?」
の声にお応えして、ついに動画を限定公開しました!!
1回30分の勉強会の1部を公開しています。

是非ご視聴いただき、プロリハ研究サロンを知っていただければと思います!

第2回定例勉強会「観察の要点」

第4回定例勉強会「自分の癖の理解」

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!