患者さんの可能性を探す旅タイトル画像

患者さんの可能性を探す旅

お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) リハビリテーションは、患者さんの可能性を最大限に発揮できるように、医師や看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がチームとなって、患者さんに寄り添うことが大切です。これら多職種の中でも、実際に介入して患者さんを良い方向へと導いていくPT・OT・STは特に可能性を見つけていく能力が求められます。 この可能性を探るためには、問題点を見つけていく作業だけでは …

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン