スムーズに行為をおこなうために-運動と行為の違いから-

スムーズに行為をおこなうために
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)スムーズに歩くスムーズに文字を書く人は、様々な行為をスムーズに行うことが出来ます。リハビリテーションの目的においてもぎこちない状態からスムーズにできるように介入することも少なくありません。そもそも人はどうしてスムーズに動くことが出来るのでしょうか?そこには人ならではの理由があります。 そこで今回は、脳卒中の患者さんから行為をスムーズに行うことの難 https://prorehastudysalon.com/create-account/

手と目の協調とは?

手と目の協調とは
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)視覚と手の行為は強いつながりを持っています。針の穴に糸を通す、文字を書く、洗い物をする…目でしっかり見ながら行うことで高い精度を実現しているのは言うまでもありません。手に限らず足でも目との協調は重要で、ボールを蹴るなど限定された行為では視覚は必須です。ですが階段を上る、歩くなどリアルタイムで足をみながら行わない行為の方が足では圧倒的に多く、手とは https://prorehastudysalon.com/create-account/

私が勉強する<理由>

私が勉強する<理由>
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) <生涯学習>理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の世界では呪文の様に唱えられている言葉であり、勉強することが普通と思わせるような魔法の言葉です。 ですが周りを見渡せば毎日勉強している人は稀であり、国家資格を有していることを除けば普通の人と同じ生活を過ごしていると思います。そんな中、なぜ私は毎日論文を読み、講演し本を出しオンラインサロンを運営してい https://prorehastudysalon.com/create-account/

臨床を言語で表現するためには? -ロジカルリハビリテーション-

臨床を言語で表現するためには? -ロジカルリハビリテーション-
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) リハビリの臨床は、理学療法士・作業療法士の体性感覚から得られる情報を重要視する傾向が非常に強いです。抵抗感、硬さなど実際に患者さんに触れなければ分からないことが多いのは確かにあります。ですがそれらを言語化せず「昨日よりやわらかいですね」「動きがスムーズになりましたね」などセラピストの中で完結してしまうと、それは根拠がない事柄になってしまいます。 https://prorehastudysalon.com/create-account/

見えていないけど…視覚と盲視の不思議

見えてないのに… 視覚と盲視の不思議
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 脳血管疾患の中で、脳梗塞や脳出血においては半側空間無視や半盲など視覚障害が生じます。運動障害や感覚障害の改善にフォーカスすることが多いため、あまり注目されませんが実は視覚の問題は思っているより多いんです。その中でも盲視と呼ばれる現象は非常に難解で見逃されやすい上に、ADLを大きく障害します。 そこで今回はこの盲視に関する内容とリハビリテーション https://prorehastudysalon.com/create-account/

無意識で行っていた行為を再獲得するためのポイント

無意識で行っていた行為を再獲得するためのポイント
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)リハビリテーションは、全人間的復権を目指し病前行っていた行為を再獲得することが目的の根幹にあります。基本動作(寝返り、起き上がり、立ち上がり)、歩行、階段昇降、上肢行為など様々な行為が対象となり患者さんのニーズや文脈によって決定されます。 そのような臨床の中で大切なのは、セラピストが「もともと無意識で行っていた行為を再獲得するためにはどうすれ良い https://prorehastudysalon.com/create-account/

論文引用=根拠?

論文=根拠?
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)先日理学療法ガイドラインが発行され話題になっていますが、そもそもリハビリテーションにおいてよく耳にする「根拠(エビデンス)」とは何なのでしょうか?人そのものを対象にしている医療に属するリハビリにおける根拠は、人体を対象としている医学の根拠とは分けて考えなければならないと思っています。そこで今回は、リハビリにおける根拠について書いていきたいと思いま https://prorehastudysalon.com/create-account/

認知神経リハを学びたい人におススメの本

認知神経リハビリテーションを学びたい人へおススメの本
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)私が継続して勉強するきっかけを作ってくれた【認知神経リハビリテーション】ですが、書籍もここ10年でたくさん出版されています。そこで今回は、認知神経リハビリテーションをこれから学んでいきたいと思われている方向けに、おすすめの本を紹介していきたいと思います! 認知神経リハビリテーションの専門書 1、脳の中の身体 認知運動療法の挑戦宮本 省三(著) 私 https://prorehastudysalon.com/create-account/

手のリハビリのポイント

お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)骨折や脳血管疾患の方のリハビリで特に難しいのが手のリハビリです。身体の中でも決して大きくないこの部位は、多くの筋や骨から構成されており、その神経系や血管も複雑な構造をしています。さて、手の中でも特に重要なのは母指です。つまり親指です。母指は、他の四指と構造が異なり、人間特有の構造をしています。この特有の構造の核をなしているのが球関節であるCM関節 https://prorehastudysalon.com/create-account/

脳卒中後の内反は改善できる(介入編)

内反は改善できる【介入編】
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)評価編での内容をもとに書いていきますので、評価編からお読みいただけると読みやすいと思います。→脳卒中後の内反は改善できる【評価編】内反をいくつかに分類して、それぞれ介入方法をわけていくことをお話しました。その中でも今回は2つの種類の分類に対する介入について書いていきます。 足関節を動かすと内反してきてしまう まず初めに、介入していく上で患者さんの https://prorehastudysalon.com/create-account/