臨床でなかなか結果が出ない人へ(リハビリ)

臨床でなかなか結果が出ない人へ(リハビリ)

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

臨床力

リハビリテーションにおいて、患者さんと接し患者さんを良い方向へ導いていく臨床には、この臨床力が大切です。
臨床力には、

  • 知識
  • 技術
  • 思考力

この3つがレーダーチャートのようにそれぞれ能力としてあり、これらの総合力が臨床力になってきます。

そこで今回は、この臨床力を高め患者さんの可能性をもっと引き出していくために必要なポイントを書いていきたいと思います。

ただ知識や技術を身に付けても結果には直結しない

臨床力においてよく勘違いされてしまうのは、知識と技術を付ければ臨床力があがると思われている所です。
臨床はその時々で知識に基づいて患者さんを理解し、考えた結果を技術としてアウトプットしていく場だと言えます。その為、知識を増やしてもその知識をもとに思考する能力がなければなりませんし、技術があっても思考によって導き出された結果がなければ意味がありません。

臨床現場では、休日に参加した勉強会で習った実技をすぐに患者さんに試している光景を目にすることがあります。なぜそれを患者さんに実施したのかの背景がないまま実施するのは絶対にだめです。もしかしたらリスクすらあるかもしれません。
技術には知識が必要で、鍛錬が必要です。健常人同士での練習はもちろん、その介入に行きつくためのプロセスがなければ、それは臨床ではなく実験になってしまいます。

よって次のことが非常に重要になりますので再度書きたいと思います。

  • 知識は患者さんを理解するために思考する材料
  • 技術は思考した結果をアウトプットする方法

これらを踏まえて臨床力で必須の能力の思考力について書いていきます。

思考はロジカルに

患者さんを観察し評価していくと、患者さんの全体像が見えてきます。同時に、ポジティブ面・ネガティブ面も明らかになり、患者さんの特徴が把握できてくると思います。このように患者さんを理解していくプロセスに加えて、介入の方法やその結果の予測、実際の結果からのフィードバックをもとにした更なる患者さんの理解をしていくことすべてが臨床で、思考していく必要があります。

この時の思考で私が用いているのが【ロジカルシンキング】です。簡単に言うと、自分の思考を言語化出来るか出来ないかを大切にしています。
想像してみて下さい。今自分が担当している患者さんの全体像と病態、介入についてぱっと説明してくださいと言われた時にすぐ説明できるかどうかが大切です。もちろん説明するという別の能力が必要にはなりますが、自分が評価や検査結果から何を考えて、どうしてその介入に行きついたのかを言語化できるかどうかで、自分の思考力がわかります。

臨床に「なんとなく」「経験上」は必要ありません。

<なぜなのか?>を明確に言語化出来るかが大切です。
すでに気付いている人もいるかもしれませんが、思考力を高めていくためには一人でできることは限られています。
同じように思考力を高めていきたい仲間、もっと平たく言うと臨床力をもっと高めたい、患者さんの力にもっとなりたいと思っている仲間が絶対に必要です。

1度立ち止まり、どうして勉強するのか?を振り返り、今から前進しませんか?

1周年記念セミナーやります!

プロリハ研究サロンは、2021.9.1で1周年を迎えました。
1周年記念として、<著書に書けなかった臨床について話す会(リハビリテーション)>を開催します。

本には書くことが出来なかった内容を、話していく予定ですので読んでいただいた方も、もちろん読んでいない方も、私の臨床思考を是非1度お聞きください。

お申込み・詳細はこちら↓
著書に書けなかった臨床について話す会(リハビリテーション)

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

失敗から学ぶにはただ失敗してもダメ(リハビリ)

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

失敗は成功のもと

非常に有名な言葉ですが、この失敗はただの失敗ではないことを皆さんはご存知ですか?そして、成功からも多くのことを学ぶことが出来ることを同時に知っておかなければなりません。

そこで今回は、リハビリテーションの臨床において試行錯誤することがどれくらい大切なのかを、成功と失敗の視点から書いていきたいと思います。

何かに挑戦するには準備が必要

リハビリの臨床では、常に挑戦していくことが大切だと思っています。初めて出会う患者さん、初めて見る現象…どれだけ多くの症例を経験しても、日々【初めて】な経験をするのが臨床です。その中で、我々理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などのセラピストは、患者さんの改善に向けて挑戦していかなければならないからです。
ですが、挑戦するためには準備が必要です。特にリハビリでは、患者さんの今後の人生に大きな影響を及ぼす可能性があるため、「なんとなく」「自分がやりたいから」などの理由のみで挑戦することは絶対に避けなければなりません。このような事態を避けるために、患者さんの情報収集、根拠になりうる情報の収集、ロジカルな訓練の組み立てと言った準備をする必要があります。

この準備の中でもう1つとても大切なことがあります。皆さんはおわかりでしょうか?それは…予測です。自分が挑戦すると、どの様な結果になるのかを明確に予測しておかなければ、挑戦が成功したのか失敗したのかが分からないからです。予測を含めた準備をすることで、成功からも失敗からも多くのことを学び、次にいかすことができます。

症例報告はなぜ成功例ばかりなのか?

臨床の挑戦を発表する場として最も有効なのが、症例報告会や学会でのケーススタディです。自分が考えたこと、やったこと、その結果をまとめ報告するのですが、成功した症例の報告が圧倒的に多いと思いませんか?もちろん、成功した事例を共有することによって、同じような症例に悩んでいるセラピストの大きな助けになります。ですが、先ほど書いた通り患者さんは一人一人違っていて、臨床は初めてのことばかりです。その症例報告の内容をそのまま担当の患者さんに適応するのでは、根拠としては不十分ですよね。

それよりも、失敗した(症例報告では表現が適切ではないので、難渋した症例と報告しますが)臨床を報告して、病態解釈や訓練の理由、根拠、内容、結果を正確に記して、考察をした方が良いと考えています。この内容から、なぜうまくいかなかったのか?が明確になっていれば、同じ失敗を他のセラピストがしなくて済むからです。さらに報告を聞いた他のセラピストが「じゃあこう考えれば良いのかな?」と新たな仮説へと進むことが出来ます。

このように発展的に考えられるのも、挑戦の前にしっかりと準備した症例発表があるからです。難渋した症例を報告すれば良いのではなく、その発表の中に有意義な情報が含まれていて初めて意味があります。是非ご参考ください!

1周年記念セミナーやります!

プロリハ研究サロンは、2021.9.1で1周年を迎えました。
1周年記念として、<著書「臨床は、とまらない」「傷ついた脳の声は聞こえているか」の内容を語ろうの会>を開催します。

本には書くことが出来なかった内容を、話していく予定ですので読んでいただいた方も、もちろん読んでいない方も、私の臨床思考を是非1度お聞きください。

お申込み・詳細はこちら↓
著書「臨床は、とまらない」「傷ついた脳の声は聞こえているか」の内容を語ろうの会

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

あなたの歴史を意識した臨床と勉強のポイント(リハビリテーション)

あなたの歴史を意識した臨床と勉強のポイント(リハビリテーション)

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。
(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?

リハビリテーション(以下リハビリ)の臨床では、患者さんとのコミュニケーションがとても大切です。人と人が接する臨床の中で信頼関係を築くためにはもちろん必要ですが、患者さんの改善可能性を探していくためにも、コミュニケーションは非常に大切です。

また、臨床で悩んだ時に相談した先輩からのアドバイスやセミナーで習った内容にも歴史があります。そこで今回は、歴史にフォーカスしていろいろと書いていきたいと思います。

患者さんには歴史がある

リハビリにおいて、特に回復期に携わっている理学療法士や作業療法士、言語聴覚士(以下PT/OT/ST)は、年上の患者さんを担当することが圧倒的に多いと思います。
その為コミュニケーションでは、言葉遣いが非常に重要で敬語を正しく使用することが大切です。言葉遣いだけではなく、質問内容や使用する言葉も人によって変えていくことが望ましいです。

これはなぜかと言いますと、人には一人一人の歴史があり、生きてきた中で経験した来たことが異なっているためです。
リハビリでは今どうなのか?またこの先どんな生活をするのか?に着目しがちですが、患者さんの今までの歴史を考慮した臨床は思わぬ手掛かりを与えてくれたりします。

この代表例が利き手です。利き手は脳のラテラリティ(側在性)との関連があることが分かっていて、右利きの人の9割以上が脳の左半球に言語野があります。脳卒中においては、この利き手は重要な情報ですが、私が生まれる少し前では左利きを右利きに矯正されていたため今右利きでも実は子供の頃は左利きだった患者さんを多く経験してきました。その方の高次脳機能障害は、単純なラテラリティでは説明できない様々な現象が混在していて、【今】だけを見るリスクを改めて認識しました。

このように、臨床では幅広く能力を見ることが大切ですが、時間軸でも幅広く患者さんを知っていくことが大切です。その為には、PT/OT/STが患者さんに良い意味で興味を持ち、<患者さんの情報を教えて欲しい!>という姿勢で会話をしていくことが必要です。患者さん一言一言を聞き洩らさずに、よく聞くことが大切ですね。

セラピストにも歴史がある

私が1年目の時に、5年目の先輩の臨床を見学させてもらった後のフィードバックでのことです。先輩の着目点は私のものとは全く違く、考えたことも無いようなことばかりでした。その着目点を得たいと思った私は、「何から勉強したら良いですか?」と質問しました。

この風景は、どの職場でもある光景ではないでしょうか?私も良く聞かれますが、実はこの質問非常に難問なんです。なぜかと言いますと、5年目の先輩はそれまで勉強してきたことや担当した患者さんなどいろいろな物を経験した歴史に基づいて今の着眼点を持っています。その着眼点に行きつくまでに5年かかったということです。その為、今の着眼点の理由を説明しても、土台となるものが後輩とは全く違うため本質を理解することは到底不可能だと思っています。

つまり、何から勉強したら良いか?の質問に対して答えがないんです…全く同じ勉強をして全く同じ患者さんを経験した歴史を持っていても、同じ着眼点になるには限りません。よって、話しを聞いている側は先輩からのアドバイスもセミナーでの内容も、その人の歴史に基づいて話しているということ念頭に置く必要があります。

私は常に自分にしか出来ない臨床を表現することを目標にしています。その為には、一人一人に歴史があることにリスペクトすることが大切だと思います。

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

勉強したいと思った時に読む記事【理学療法士・作業療法士・言語聴覚士必見】

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?です。

新型コロナの影響もあり、オンラインでのセミナーや動画コンテンツが流通しだした昨今、数年前と比べて勉強する「機会」や「場」が劇的に増加してきています。

私が新人だった頃にはなかった勉強する側の「悩み」が出てきているようです。

それは、

  1. どれが良いのか分からない
  2. コンテンツが多すぎて消化しきれない
という内容です。
毎週のように書籍をあさり、講習会のサイトをサーフィンしていた私の時代から考えると非常に幸せな悩みですが、そうも言っていられませんよね。
そこで今回は、この2つの悩みについてサロンを運営したり、セミナー講師や学会の運営の経験からアドバイスさせていただきます。

自分に合ったセミナーを見つける

リハビリに従事している、理学療法士、作業療法士のセミナーは従来は3種類ありました。

  1. 座学中心のセミナー
  2. 手技などの実技中心のセミナー
  3. 学術集会
の3種類です。また、
  • 1回完結のセミナー
  • コース制のセミナー

とあり、内容によって分かれていました。
これらの特徴はオンラインによって変化してきています。
1の座学と3の学術集会はオンラインとの親和性が高いため、そのままオンラインで開催されています。
一方で、実技のセミナーはオンラインでの開催は難しく、職場での勉強会の場が今までよりも大切になってきています。
また、オンラインの利点を生かして、動画コンテンツの配信も積極的に行われてきています。
オンラインセミナーの種類もいくつかあります。
詳細はこちらをお読みいただければと思いますが、
(→リハビリのオンラインサロンとは?)どれが自分に合っているのかがわからないほど、様々な形があります。

「勉強していきたい」

と思っている人がこれらのなかから選ぶときに大切なのは、以下の3つと考えています。

  • 自分のニーズに合っているかどうか
  • 自分のライフスタイルを圧迫しないかどうか
  • 自分のレベルに合っているかどうか

STEP1
勉強したいと思ったきっかけから、自分が今なにを勉強したいのかを考えます。
その勉強したい内容が網羅されているかが1つ判断材料になります。
基礎知識を得たい、神経系を知りたいなどがこれにあたります。

STEP2
結婚し子供がいる方、趣味に時間を割きたい方など、様々なライフスタイルの方がいる中で、勉強にどれくらいの時間とお金を避けるのかは非常に大切です。
例えば毎週末勉強会に行ける、月に1回参加できる、通勤時間を有効活用したいなどがこれにあたります。
 
STEP3
ニーズとスタイルをはっきりさせたら、最後に自分が学びたいレベルを考えます。
はじめて勉強する領域なのか、ある程度勉強し応用していきたいのかなどになります。
これは1度参加してみないとわからない部分もありますので、無料で参加できる機会を上手く利用するのがおススメです。
 
このSTEPとは別に注意点があります。
基本的に、いろいろなコンテンツを準備しているところは一見良さそうに見えますが、専門性という点から考えると物足りなく感じます。
「いろいろ勉強したい!」という【広く浅く】から入りたい人は良いですが、ピンポイントで!もしくは、極めたい!と思っている人はお勧めできないのでご注意ください。
また、多くのコンテンツを持っている所も魅力的ですが、正直消化しきれないというのが多くの声で分かっています。
自分のライフスタイルに合わせて、どれくらいの量を消化できるのかも大事です。
動画もただ観て終わりではなく、内容を咀嚼して自分の知識にして、臨床でいかさなければいけないので、月に数本が限界です。
このように、意外と学べる量には限界があり、自分に合ったものを探すのは大変なんです。
 
プロリハ研究サロンは、臨床に特化していて、疾患別・症状別にセミナーを行っています。
1回30分のセミナーなので、消化しやすくオンラインサロンという特徴を生かして、質問も気軽に出来る環境になっています。
セミナーが1回5000円以上する中、月1000円で参加できるのも魅力です。
無料体験セミナーもありますので、ぜひ1度ご参加下さい。

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!

ここだけはおさえたいリハビリの勉強

お読みいただいている皆さんありがとうございます。
本サロンを運営しております、理学療法士の唐沢彰太です。
本日は、生涯学習と言われているリハビリテーションで、本当に必要な勉強はなんなんだろう?について書いていきたいと思います!
もちろん勉強はどれも無駄になる事はありません。
ですが、リハビリに必要なことを分かったうえで勉強したほうが、活かしやすいのも事実です。
ぜひご参考ください!!

リハビリって何?

「リハビリテーション」とはなんなんだろう?
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などリハビリに携わる職種の人であれ1度は考えたことがあるのではないでしょうか?
リハビリという言葉が持つ意味はなんとなく分かりますが、実際に説明しようとすると行っている事が多すぎて一言では説明できません。
 
幅広く対応しているリハビリを提供していく時、提供する側は何を勉強していけば良いのでしょうか?
今、自分は何を勉強したら良いのか、勉強したい内容は決まっているけどどうやって進めていけば良いのか悩んでいる方に、参考になればうれしい限りです。

リハビリを取りまく学問の多さ

リハビリテーションは、下の図の様に非常に多くの学問が関わっています。

図1 リハビリテーションに関わる様々な学問

なぜこんなにも関わる学問が多いのでしょうか?
それは、リハビリテーションが <ヒト> を対象にしているからです。人を対象にしているからこそ、人に関わる学問は全てリハビリテーションに関わってくると言えます。

すると、リハビリテーションにおいて患者さんの何を知っていく必要があるのかを明らかにする必要があります。
それが次の図です。

図2 患者さんを取り巻く情報の例

これらの多くのことを情報収集する必要があるリハビリテーションでは、これらの基礎的な知識と、患者さんから聴取するための臨床的な技術が必要になってきます。

一方で、ある時から始まるリハビリは長期的に必要になる事が多く、時期や場所によってリハビリの役割は変わってきます。
役割によってPOSTに求められる知識や技術も異なってくることは、勉強していく上でとても大切になります。
これらを踏まえると次の様にまとめることが出来ます。(図3)

図3 勉強する内容のまとめ

①全共通

この図にあるように、まずは理学療法士・作業療法士(言語聴覚士は少し異なります)であれば共通して必要なのが、<ヒトを知る>ために必要な学問です。例えば、

  1. 身体構造に関する解剖学、生理学、運動学、神経学など
  2. 身体運動に関する脳科学、神経学、筋骨格系など
  3. 心理面に関する心理学、神経心理学、認知心理学など

この次にある疾患や時期によらず、この3つの人に関する学問は勉強をしていくことが望ましいと思います。
整形外科疾患だから脳科学は必要ないというわけではなく、骨折を受傷した人を知るためには脳科学が必要という視点が大切です。

②疾患別

整形外科疾患、脳血管疾患など、身体(脳を含む)の何をどんな理由で損傷(変質)したのかによって分類されます。
このような疾患によって必要な知識は異なっており、それぞれPOSTがどの疾患と関わることが多いかで勉強内容が決まります。

③時期別

臨床以外にもリハビリでは勉強していかなければならない事が多くあります。
急性期であればリスク管理、回復期であれば日常生活や家屋に関すること、生活期では福祉サービスや介護保険に関する事などです。

この様に、自分には今何が必要なのかをカテゴリーで分類して、整理していく事から始めてはいかがでしょうか?

リハビリは勉強する事がたくさんあります。
書籍などから得られる情報、現場にしかない情報、臨床の経験の中にしかない情報…

それぞれを自分なりに情報収集できる手段を確保する事が大切です。

本サロンでは、会員の方に勉強方法や書籍やセミナーの紹介なども行っています!
少しでも前に進みたい方はぜひ利用してみてください。
お待ちしております!!

基礎から学びたい人から臨床を高めたい人まで
オンラインサロン会員募集中です!!