臨床における患者さんとの【空間】

臨床における患者さんとの【空間】
 お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 臨床をしていると、同じ患者さんでもセラピストによって雰囲気が全くことなることが多くあります。セラピストの人柄なのか、患者さんとの信頼関係なのか様々な要因はあるかと思います。 この患者さんとセラピストが共有する【空間】は臨床においてとても大切だと思っています。そこで今回はこの【空間】が臨床にもたらす効果について書いていきたいと思います。 セラピ https://prorehastudysalon.com/create-account/

失行症の患者さんに悩んだら読むブログ

失行症の患者さんに悩んだら読むブログ
お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 脳卒中の後遺症を持つ患者さんのリハビリは悩むことが本当に多いです。お読みいただいてる皆さんの中で、右半球損傷と左半球損傷とでどちらかに苦手意識をお持ちの方はいらっしゃいませんか? もし苦手意識がない方は非常に素晴らしいですし、お持ちの方も仕方がないことかと思います。 今回は、左半球損傷の患者さんのリハビリが苦手な方に失行症に焦点を当てて書いていきたいと思 https://prorehastudysalon.com/create-account/

脳卒中後の内反と本人の気付き

内反
お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)脳卒中後に見られる様々な現象の中でも、動作/行為を大きく阻害する1つが<内反>と呼ばれている現象です。内反はもともとは、足関節を母指側から背屈方向に動かす運動のことで、脳卒中後を中心とした疾患では、この足関節の運動である内反が意図せず出現してしまいます。内反は足底と床/地面との接地面を極端に減らし、時には足関節を捻挫してしまうこともあります。すると、立ち上 https://prorehastudysalon.com/create-account/

臨床で試行錯誤していきたい人のために

お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)リハビリの臨床では、目の前の患者さんに最適の介入を見つけるために試行錯誤を繰り返していく必要があります。試行錯誤していくためには、仮説を立て、検証していかなければなりません。そこで今回は、リハビリの臨床における試行錯誤の方法を、仮説を立てること、その仮説を検証することを中心に書いていきたいと思います。 仮説には、【疑問】と【情報】が必要 さて、臨床にはある https://prorehastudysalon.com/create-account/