鏡を使ったリハビリのポイント

鏡を使ったリハビリのポイント
 お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) リハビリテーション(以下、リハビリ)では鏡を使うことが多いです。リハビリ室に必ず鏡があるようにとても重要なツールになっています。ですが、鏡を使った介入では実は、気を付けなければならないことがあります。 今回はどんな時に鏡が有効なのかについてと、どんな注意点があるのかについて書いていきます。 【目で確認する】ことの優秀さ  立ち上がりを改善する https://prorehastudysalon.com/create-account/

ふらつきを自覚している患者さんへのリハビリテーション

ふらつきを自覚している患者さんへの リハビリテーション
 お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 骨折や脳卒中の患者さんのリハビリをしていると、ふらつきを訴える患者さんを非常にたくさん経験します。また恐怖心と言った理由で十分に荷重できず歩行が不安定になっている患者さんも少なくありません。 そこで今回は、そんなふらつきを訴えている患者さんとのリハビリテーション(以下、リハビリ)について、対処法と介入を整理していきたいと思います。 ふらつきの https://prorehastudysalon.com/create-account/

筋出力は予測によってコントロールされる!-重量覚から考える-

筋出力は予測によってコントロールされる! -重量覚から考える-
 お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 先日靴屋さんに行って靴を選んでいる時に、良い靴が見つかり手に取ると「軽い!!」と感動しました。またキッチン用品を売っているお店で欲しかった鍋を見つけて手に取ると「重い…」と感じた事もあります。この「軽い!」や「重い…」と感じるには物を実際に持たなければなりませんが、なぜそう感じるのでしょうか?今回はこの重量を感じる感覚【重量覚】から筋出力と予 https://prorehastudysalon.com/create-account/

何から勉強したら良いか分からない…悩んだときはコレ!おススメ3選(リハビリ)

何から勉強したら良いか分からない… 悩んだときはコレ!おススメ3選(リハビリ)
 お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 理学療法士(PT)、作業療法士(OT)として働いていると分からないことばかり…勉強しないといけないのはわかっているけど何から手を付けたら良いのかわからない…そんな人多いと思います。 そこで今回はそんな人のために、これを勉強すれば間違いない!おススメを紹介します!PT・OTなら知っていて損はない内容になっていますので、勉強に悩んでいる人はぜひご https://prorehastudysalon.com/create-account/

解剖学と運動学は映像で覚えよう

解剖学と運動学は映像で覚えよう
お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 学生の一年生の時の解剖学の授業で、本に描かれていた骨や筋を模写した記憶があります。絵をかいて名称を書いて…それをひたすら繰り返していましたがまだ1年生だった私はただただ授業の一環として行っていただけでした。ですが今思うと、解剖学を絵で覚えていくことはとても大切で、それは運動学でも同じことでした。 今回はなぜ解剖学と運動学は大切なのか、また覚えて https://prorehastudysalon.com/create-account/

片脚立位が出来ても歩行は安定しない…かも

片脚立位が上手くなっても 歩行は安定しない…かも
お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)歩行獲得のためにはバランス能力が非常に大切です。そのため、FBS(ファンクショナルバランススケール)などの評価を行いバランス能力を数値化することが臨床上重要です。ですが、歩行の安定性と片脚立位の安定性は直結しないこともあります。 そこで今回は、片脚立位と歩行の安定性について書いていきます!! 片脚立位に必要なバランスと歩行に必要なバランス  もし歩いている https://prorehastudysalon.com/create-account/

パントマイムと模倣って何が違うの?

パントマイムと模倣って何が違うの?
お読みいただいている皆さんありがとうございます。本サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?)失行症の検査や症状で耳にする【パントマイム】と【模倣】ですが、何が違うかわかりにくいことが多いようです。この2つを混同させてしまうと、検査結果の解釈があやふやになってしまい患者さんの病態がぼやけてしまいます。反対に、パントマイムと模倣を使い分けるとたくさんの情報を得られます。少しでもこんがらがってしまっている人は本記事を参考にしてみてください! 記憶が大事 https://prorehastudysalon.com/create-account/

第4回オンラインセミナー「失行症のリハビリテーション-基礎編-」

第4回オンラインセミナー
<行為のメロディ>ルリアが言ったこの言葉は、失行症を有する患者さんをリハビリしていく上で非常に大切な言葉です。私が学校で勉強した【失行症】は、櫛の使い方を間違えるといった道具使用に関することでした。ですが実際は、道具使用はできるけど歩行がぎこちない…このような症状に出会うことがほとんどです。このことが臨床で失行症にあまりであったことがないと勘違いしてしまう理由でもあります。失行症は現象の理解が難しく、なかなか手を出しにくい領域になってしまっています。そこで今回は、症例をベースとして紐解いていき失 https://prorehastudysalon.com/create-account/

失行症…知らないじゃすまされない!

失行症…知らないじゃすまされない!
 お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 「麻痺が重くて手がうまく動かないみたいなんです…」これはある患者さんのご家族が私に話してくれたことです。入院していた病院からそう説明されましたが諦められずリハビリが出来る所を探していたともお話してくれました。ですが念入りに評価/検査をしていくと麻痺ではなく他の原因が見えてきました。この出来事の重大さが伝わるでしょうか?医療側が患者さんの病態を https://prorehastudysalon.com/create-account/

PT・OTの勉強

PT/OTに必要な勉強
 お読みいただいている皆さんありがとうございます。プロリハ研究サロンを運営しています、理学療法士の唐沢彰太です。(自己紹介はこちらから→唐沢彰太って誰?) 時代は変わります。理学療法士や作業療法士が世の中から求められるニーズは大きく変わり、これから学んでいかなければならないことも変わってきています。 そこで今回は、病院の中で働いていただけでは気付くことのできなかった理学療法士や作業療法士の可能性をもとに、学んでいくべきことをお伝えしていきます。 資格から個人の時代へ  医療の業界は少し時代から遅 https://prorehastudysalon.com/create-account/